今回は東京でも最大級の花火大会の「江戸川区花火大会」についてお届けしていきたいと思います^ ^

 

大会の日程や混雑を回避しながらも花火を楽しめる穴場スポットについてフォーカスしていきます。また、有料席から観覧したいという方には、有料席の予約や購入方法もご紹介しています。

 

江戸川花火大会を楽しんでいただくための参考にして頂ければと思います^ ^

江戸川花火大会2018の日程は?

まずは今年の江戸川区花火大会の開催スケジュールにいてみていきたいと思います

 

🔹開  催  日:平成30年8月4日(土)

🔹時  間:午後7時15分〜午後8時30分

🔹場  所:江戸川河川敷

🔹アクセス:
①都営新宿線「篠崎駅」から徒歩約15分
②JR総武線「小岩駅」から徒歩約25分

🔹打ち上げ数:約14,000発

 

さすがは江戸川区花火大会ですね^ ^

 

 

この花火を見るために毎年多くのお客さんが集まるわけですが、この江戸川区花火大会の来場者数はなんと驚きの139万人で日本一です!

 

 

隅田川花火大会の来場者数が約95万人といわれていますので、そう考えてもやっぱりすごい集客力ですよね^ ^

 

今年の打ち上げプログラムは、

7:15〜 絢爛!江戸川夢華火!
7:25〜 桜花爛漫~富士の空~
7:35〜 わくわく!ジャングルトレジャー!
7:45〜 和火(WABI)~飛龍の舞~
7:55〜 パステル☆イリュージョン
8:05〜 銀色のセレナーデ
8:15〜 疾風迅雷~ハヤテのごとく~
8:25〜 未来の聖火(ともしび)

と、毎年のことながら最初から最後まで見応え満点のプログラムとなっていますね^ ^

 

Sponsored Link

江戸川花火大会2018の穴場スポット

次は江戸川花火大会の穴場のスポットについてみていきましょう^ ^

 

ネット上にもいろんな穴場的なスポットが紹介されていますが、その場所から本当に花火は見えるの?という部分についても過去のtwitter情報などから調べていきたいと思います

 

篠崎公園

アクセス:都営新宿線「篠崎駅」徒歩15分

 

 

篠崎公園は言わずともしれた穴場スポットですよね^ ^

 

 

場所によっては場所取りも早い時間帯から始まってるみたいです。ですが花火もバッチリ見えるし、会場周辺よりかはゆっくりと楽しむことができそうですね^ ^

市川市大洲防災公園

アクセス:JR市川駅から徒歩約17分

 

消防公園は会場から少し離れたところにありますが、花火もバッチリ見えるようですね^ ^

ポニーランド

アクセス:都営新宿線「篠崎駅」から徒歩約12分

 

 

過去のtwitterの内容からするとポニーランドは混雑からも回避できる穴場スポットのようですね。

周辺もかなり広々としているので、家族連れで行くにはもってこいのスポットかもしれませんね^ ^

Sponsored Link

江戸川花火大会2018有料席の予約購入方法は?

江戸川花火大会を間近で、そして確実に席を確保したいという方は有料席(桟敷席)を確保してみるのもいいですよね^ ^

 

江戸川区花火大会は市川市納涼花火大会との共催で実施されているのですが、江戸川区側には有料席は用意されていません。

 

ですが、市川市側には有料席がありますので、有料席を予約したいという方は、「市川市納涼花火大会」のHPから予約をすることが可能です。

 

昨年は、

①桟敷席(4名まで):1マス18,000円
②ペア席(2名まで):1シート10,000円
③いす席(パイプいす1名):1席6,000円

 

という内容で販売されていましたので、市川市納涼花火大会HPから確認してみてくださいね^ ^

 

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は江戸川花火大会の開催日程や穴場のスポットについてお届けしてきました。

 

 

穴場のスポットはネット上にもたくさん出ていますが、その場所から本当に花火が見えるかどうかは分からない部分もあると思いますので、穴場スポットを探して行かれるときは十分に下調べが必要そうですね。

 

 

せっかく行ったのに、全然花火が見えなかった…

なんてことがないようにしないと、ほんともったいないです^ ^

 

 

ぜひベストスポットから江戸川花火大会を楽しんで、夏の思い出を作ってくださいね^ ^