今日は神奈川県の立川市で行われる立川まつりの花火大会についてお届けしていきたいと思います^ ^

 

また当日の会場や駅周辺の混雑状況や観覧の穴場スポットについて、過去のTwitterの投稿情報を交えながらご紹介していきたいと思います。

立川花火大会2018の日程

まずは今年の大会の日程をチェックしていきましょう^ ^

 

🔹大会名称:立川まつり 国営昭和昭念公園 花火大会

🔹開催日:2018年7月28日(土)

🔹時間:19時20分〜20時20分

🔹打ち上げ数:約6,000発(予定)

🔹場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ

🔹入園料:450円(15歳以上)

🔹アクセス:JR中央線 立川駅下車 徒歩15分

 

会場となる立川昭和記念公園は景観を保つために日々管理されています。そんな綺麗な環境で花火を楽しめるっていいですよね^ ^

 

 

ですが、この花火大会で出るゴミの量1日でなんと60トンにもなるんだとか…

すごい量…σ^_^;

 

 

ということで、マナーを守って気持ちよく花火を楽しんでくださいね^ ^

Sponsored Link

立川花火大会2018の混雑予想

次は、当日の混雑状況についてみていきましょう!

昨年はあいにくのだったにもかかわらず、これほどの混雑ぶりだったようですσ^_^;

 

 

駅の周辺も毎年かなり混雑するようです。

 

 

ピークの時には最寄駅から会場まで1時間以上かかるほどの混雑ぶりとなることもあるようです。

 

 

特に、JR青梅線西立川駅からのアクセスは非常に混雑し、その上駅構内ホームの幅が狭く大変危険な状況となるようなので、JR中央線立川駅もしくは多摩モノレールを利用してアクセスする方がいいかもしれませんね。

 

 

毎年30万人前後の来場者となる立川花火大会ですが、混雑を回避するためにはやっぱり早め早めの行動が吉と出ることは間違いなさそうです。

Sponsored Link

立川花火大会2018穴場スポット

立川花火大会の穴場の観覧スポットを過去のTwitter情報を参考にピックアップしてみたいと思います^ ^

高島屋の屋上ビアガーデン

 

ビアガーデンを楽しみながら花火が見れるって、これめっちゃ贅沢ですよね(゚∀゚)

友達や家族でワイワイと盛り上がること間違いなしです。ただ、人気スポットなので予約は早めにしておいた方が良さそうですね。

イトーヨーカドー 東大和店

 

毎年、立川花火大会のために屋上を無料開放してくれるということで、気軽に行けるスポットですね。

 

 

ダイエーがあるということで、食べ物や飲み物を現地調達できますし、そのうえトイレもあるので嬉しいですね^ ^

 

 

ですが、ダイエーさんのご好意によって無料開放してくれているので、最低限のマナーはしっかりと守らないといけませんよね。

ららぽーと立川立飛店

 

ららぽーと立川飛鳥店に入っている「CAFE AMIGO」というお店でBBQを楽しみながら見たり、屋上駐車場から楽しむのもいいですね。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は7月28日(土)に開催される立川花火大会の日程と当日の混雑予想、そして観覧の穴場のスポットについてご紹介してきました。

 

 

立川花火大会は規模も大きい分たくさんの人が集中します。

会場や駅周辺ではマナーを守って、忘れられない楽しい夏の思い出を作ってくださいね^ ^