いよいよ佳境を迎えるた人気の日曜ドラマ「陸王」ですが、最終回が近づくにつれて気になるのは、やっぱり続編や映画化があるのかどうかというところじゃないでしょうか^ ^

 

続編や映画化を期待されている方も結構いらっしゃるんじゃないかなと思います。

ということで、今回は陸王の続編映画化の可能性というところについて考えてみたいと思います^ ^

陸王続編&映画化の可能性を視聴率から予想!

陸王の続編や映画化を考えるうえで一番大きな要素になるのはやっぱり視聴率なんじゃないかなと思います。

そもそも「見る人が少ない=人気がない」ということになりますし、視聴率がなければスポンサーもつかないということになりますよね。

 

ということで、これまで放送された陸王の視聴率の推移を見てみると…

1話:14.7%、2話:14.0%、3話:15.0%
4話:14.5%、5話:16.8%、6話:16.4%
7話:14.7%、8話:17.5%

ということで、8話終了時点での平均視聴率15.40%となっています。

 

この視聴率がどんなものなのかということはちょっとわかりにくいかもしれませんね。

過去の日曜ドラマの視聴率トップ5をみてみると、

 

「ビューティフルライフ」(2000年)
➡︎平均視聴率31.9%、最高視聴率41.3%(最終回)

 

「オヤジぃ。」(2000年)
➡︎平均視聴率24.2%、最高視聴率28.0%(最終回)

 

「GOOD LUCK!」(2003年)
➡︎平均視聴率30.4%%、最高視聴率37.6%(最終回)

 

「華麗なる一族」(2007年)
➡︎平均視聴率23.9%、最高視聴率30.4%(最終回)

 

「半沢直樹」(2013年)
➡︎平均視聴率29.1%、最高視聴率42.2%(最終回)

 

一番記憶に新しいのは、やっぱり2013年に放送された“半沢直樹”なんじゃないかな思います^ ^

半沢直樹の最高視聴率を記録したのは、半沢が頭取から子会社への出向を言い渡されたシーンの直後だったようです。

関西地区では、その時の瞬間最高視聴率は驚きの50%超えとなっていました。

 

半沢直樹では続編「半沢直樹~炎の復讐編(仮)」ということで2017年の4月期に予定されていたものの、結局は制作されずじまいとなっていますが、続編スタートの動き自体はあったということになります。

 

また、陸王の前作となった「下町ロケット」の平均視聴率は18.54%となり、半沢直樹に比べると低い水準ですが、すでに2018年10月期に続編が決定しています^ ^

これを踏まえると、もしも陸王が続編へと繋がるなら、2018年の下町ロケットの続編が終了してからとなりそうですね。

 

陸王も最終回に向けて視聴率も上がるでしょうし、続編の可能性も十分に考えられるんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

陸王続編&映画化の可能性を話題性から予想!

次はドラマの話題性という視点から続編や映画化の可能性について考えてみたいと思います^ ^

ここ最近の日曜ドラマの人気作に共通しているのは、原作者が“池井戸潤”さんということ。

 

そしてそのストーリーの最後には“大逆転劇”が待っているということですよね。小さいものが大きいものに挑んでいく姿と大きな敵を最後に打ち負かすというストーリー性は見ていてなんとも言えないスカッと感がありますよね^ ^

 

そして最近では、忘れてはいけないもう一つの要素が加わっていると思います。

それは何かというと、「顔芸」(笑)

 

 

などなど、最近の日曜ドラマではもうこの顔芸が鉄板になってますよね。

日曜ドラマの元祖顔芸といえば香川照之さん!香川さんが演じる役は悪役ばかりですが、主人公と同じくらいの注目を浴びたり、ファンがついていますよね。大和田常務のモノマネも流行ったりと社会現象になるほど大きなインパクトでしたよねf^_^;

 

むしろちょっと顔芸見たさでついつい見てしまうこともあるんじゃないでしょうか(笑)

 

こういったドラマのストーリーの面白さをさらに強調する要素も人気を高める要素の一つなんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

視聴者の感想や反応は?

最後に、陸王の続編を希望する声や感想、ネット上での反応についてみていきたいと思います!

などなど、陸王の続編を希望する声がとても多いですね^ ^

続編を希望する声がもっともっと大きくなって今後の続編や映画化に繋がっていくと嬉しいですね。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は日曜ドラマ「陸王」の続編や映画化ということについて考えてみました。

視聴率や話題性からしても可能性は十分にあるんじゃないでしょうか。

 

続編などの情報については今の時点では何も出ていませんが、今後実現することを楽しみにしたいですね^ ^