1月スタートの新ドラマ「アンナチュラル」のロケ地情報です^ ^

主演は石原さとみさんですが、なんとTBSの連続ドラマの主演を務めるのは初めてということで、ちょっと意外な感じもします。

 

脚本は、“逃げ恥”の脚本家野木亜紀子さんのオリジナルということもあり注目度も高いドラマとなりそうです。

 

このアンナチュラルでは、法医解剖医という職業にスポットが当てられた内容で、一話完結型の法医学ミステリーとなります。今回はその舞台となる研究所のロケ地についてお届けしていきたいと思います^ ^

 

アンナチュラルの舞台はUDIラボ

アンナチュラルの舞台となるのが、不自然死究明研究所(=UDIラボです。

この研究所でどんなストーリーが展開していくのかというと、

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。
彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。
このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーである。
出典元:tbs.co.jp

というあらすじになっています。

 

このUDIラボがストーリーの中心となるということですが、この研究所の撮影場所として使われている施設が一体どこなのかが気になりますね^ ^

 

次は、この研究所の場所がどこなのかということで、ロケ地について調べてみました。

Sponsored Link

不自然死究明研究所(UDI)のロケ地の場所はどこ?

ではでは、UDIのロケ地がどこなのかということについて調べていきたいと思います^ ^

調べてみた結果、ある場所で石原さとみさんの目撃情報が多数上がっているようです。その場所はどこかというと、“大林組技術研究所”です。

この大林組の技術研究所は東京都清瀬市にある研究施設です。

 

というように大林組の技術研究所がある東京都の清瀬市で数々の目撃情報があるようです。

 

目撃情報はあるものの、アンナチュラルのロケ地となっていると断定できる要素が少ないような気がしますし、UDIのロケ地の場所を特定するにはもう少し情報が必要になりそうですねf^_^;

 

しかも、大林組といえば、12月の8日にリニアの建設工事に関する不正入札の疑いがあったとして、本社に東京地検特捜部の捜査が入っていましたし、内部的にもバタついている可能性もありますよね。

 

なので、もし仮に大林組技術研究所でロケがされていたとしても、もしかするとUDIのロケ地が変更する可能性もあるんじゃないかなと思います。

 

UDIのロケ地については新しい情報が入り次第、引き続き情報を更新していきたいと思います。

Sponsored Link

アンナチュラルロケ地目撃情報

この他にもあちこちでアンナチュラルのロケが目撃されているようです^ ^

 


などなど、アンナチュラルのロケは、東京・千葉・神奈川を中心に撮影が行われているようです^ ^

特に、中華料理屋さんやおでん屋さんなんかは、放送後に一気に人気が高まりそうなので、興味のある方は要チェックですね。

 

ここまでのアンナチュラルのロケの目撃場所をまとめると、

・「大林組技術研究所」
➡︎東京都清瀬市下清戸4-640

・「バイク店 デルタ/モトガレージ ネスト」
➡︎神奈川県横浜市都筑区牛久保3-12-5

・「道の駅(三芳村 鄙の里)」
➡︎千葉県南房総市川田84-1

・「パルテノン大通り」
➡︎東京都多摩市落合1丁目

・中華料理店 宝
➡︎神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-13-7

・おでん居酒屋「こんぶや西麻布」
➡︎東京都港区西麻布4-10-5 NEXT西麻布 B1F

 

現時点までで分かっている分をまとめてみました^ ^

今後も新しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回はアンナチュラルの舞台となる不自然死究明研究所(=UDIラボ)のロケ地の場所はどこなのか?についてお届けしてきました。

このラボを中心にどんな法医学ミステリーが繰り広げられるのか、とっても楽しみですね^ ^