視聴率も高水準を保ち続けているドクターX。^ ^

みなさんはドクターXの第7話をご覧になりましたか?

 

第7話では、原守先生がフォーカスされた回となりましたね。この回にゲストとして登場したのは、シャーロット・ケイト・フォックスさん。

 

シャーロット・ケイト・フォックスさんは原先生の元恋人の「ナナーシャ」役としての出演でしたよね^ ^

7話では原先生と元恋人のナナーシャ、そして主人公の大門未知子が中心となる回でした。

それと同時に話題になっていたのは原先生の「きんちゃん」というあだ名

 

原守なのに、あだ名はなぜ「きんちゃん」??と思われた方も多かったんじゃないでしょうか^ ^

ということで今回は原守先生のあだ名の由来についてみていきたいと思います^ ^

Sponsored Link

原守先生のきんちゃんと呼ばれる由来は?

大門が原先生のことをなぜ「きんちゃん」と呼ぶようになったんでしょうか・

この「きんちゃん」というあだ名の由来を紐解くには、ドクターXの第3シーズンまで遡るようです^ ^

 

 

このあだ名が生まれたのは、久しぶりに大門と再会したときのこと。

会ったことのあるはずの原先生の名前がどうしても出てこなかった大門…

名前を思い出そうとしても、なかなかでてこない。いくら絞っても出てこない。

 

そんな大門が、なんとか絞り出して出てきた一言、「あっ!ケーキ屋のきんちゃんだ!」

 

 

もはや思い出すとかいう問題じゃなくて、完全に適当に当てずっぽですよねf^_^;

大門未知子っぽいですね(笑)

とぼけ方も半端じゃないくらい突き抜けてます^ ^

 

と、ここから生まれた「きんちゃん」というあだ名ですが、名前とは全く関係ないですが、原先生のキャラにはピッタリな感じはします^ ^

Sponsored Link

「まーさん」と呼ばれたのはなぜ?

第 話ではきんちゃん(原先生)のもう一つの呼び名が出てきましたね^ ^

それはきんちゃんの元恋人のナナーシャが呼んだまーさん」という呼び方でした。

 

原守だから、「まーさん」。

うん、いたって普通の呼び方ですよね^ ^

ですが、この「まーさん」という呼び方が話題になった理由は、別のところにあったようです。

 

実は、今回のゲストのナナーシャ役で出演した、シャーロット・ケイト・フォックスさんは以前、連ドラ「マッサン」のヒロインを務めた女優さんだっとということで、「まーさん」と「マッサン」をかけていたんじゃないかということで話題になったようですね^ ^

 

 

確かに、ドクターXでは、ゲストの役名と話数が関係していたり、どこかに何かしら細かい隠し細工みたいなのがあるんですよね。

毎回、今回はどこに細工が隠れてるんだろうと、小さな楽しみになちゃっています(笑)

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回はドクターXの原守先生のあだ名の由来についてお届けしてきました。

きんちゃんというあだ名の由来は大門未知子の超適当な返答からきていたんですね^ ^

 

ドクターXの中でも欠かせないキャラとなった原先生、これからも間違いなく「きんちゃん」と呼ばれ続けていくんでしょうが、今ではきんちゃんファンもかなりいるようです、

これからもきんちゃんの活躍に期待したいですね^ ^

 

★ドクターXに関する記事はこちら!

ドクターX|林家正蔵の激痩せの原因は病気⁉︎難病の噂は本当?