いよいよ陸王が始まりましたね〜〜^ ^

楽しみにしていたのでかなり待ち遠しかったのですが、ついに見れたっ!!って感じです。

 

初回からこはぜ屋に危機が訪れましたが、小さな足袋工場の運命はどうなっていくんでしょうか。

ますます楽しみになってきましたね。。

 

ということで、今回は陸王の初回視聴率と感想についてご紹介していきたいと思います^ ^

陸王のあらすじ

初回の放送を見逃したという方もいらっしゃるかもしれませんので、まずは1話のあらすじを簡単にご紹介しておきますね^ ^

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。 そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。

突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地(山﨑賢人)とともに豊橋へ向かった。
出典元:陸王公式HP

と、こはぜ屋の闘いが始まりました。

1話ではついにこはぜ屋の運命をかけた商品ランニング足袋の「陸王」が完成しましたね^ ^

 

Sponsored Link

陸王の初回視聴率の速報!

陸王の初回視聴率は放送終了後に追記していきたいと思いますので、少々お待ちくださいね^ ^

 

 

 

 

Sponsored Link

陸王の感想やネット上での反応は?

陸王の感想やネット上での反応を覗いてみましょう^ ^

などなど、陸王が下町ロケットのテイスト感と似ているという声が多かったようですね。

下町ロケットも原作は池井戸潤さんなので、今回の陸王も池井戸テイストがよく出ている作品となっていますね。

 

陸王も下町ロケットもそうですが、小さなものが困難を乗り越えながら大きなものに立ち向かうというストーリー展開はきっと多くの人の心を掴む内容になるんじゃないでしょうか^ ^

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

小さな町の小さな足袋会社「こはぜ屋」の再起に向けた戦いがいよいよ始まりました。

 

大手との生き残りをかけた競争にこはぜ屋は従業員の力を合わせてどのように挑んでいくんでしょうか。

これからの展開からますます目が離せなくなってきましたね^ ^

★ドラマ陸王に関する記事はこちら

吉谷彩子は仮面ライダーにも出てた?子役時代のかわいい画像も!

陸王|茂木裕人役の竹内涼真がかっこいい!プロフィールや抜擢理由は?画像も!

竹内涼真は身長低い人が好み?身長差ハグやキス姿がかっこいい画像!