年末は気になるテレビや特番がてんこ盛り!

その中でもやっぱり音楽特番は特に気になりますよね。年末番組の風物詩とも言えるのが紅白歌合戦ですが、もう一つ気になるのが「日本レコード大賞」です。

アーティストの中では、紅白歌合戦よりも評価が高いなんてことも言われることもあるようで、アーティストにとっては一年間の音楽活動の優秀の美を飾るビッグイベントとなります。

そんな日本レコード大賞をいつもはテレビで見ているけど、いつか生で見てみたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ということで今回は日本レコード大賞の観覧応募方法倍率、そして当選確率をアップさせる方法などについて調べてみました。

日本レコード大賞2017の応募方法は?

まずは、日本レコード大賞への応募方法について見ていきたいと思います。

レコード大賞への応募の方法は、「インターネット」「郵便ハガキ」の2つとなります。

次にそれぞれの応募方法を詳しく見ていきましょう!!

①インターネットからの応募

インターネットから応募する場合は、TBSの公式ホームページからの応募になります。

応募のフォームは常時設置されているわけではなく例年12月上旬ごろに応募に関する告知がされるようです。

なので、TBSのホームページをこまめにチェックしておくのが良さそうですね。

②ハガキでの応募

ハガキでの応募も必要事項を記入して送付するというものですね。

ですがインターネットとハガキの応募割合からすると、圧倒的にネットからの応募が多くなると思います。

 

なので逆にハガキの方が文字文脈からその想いが抽選の担当者に伝わることが多いんじゃないかなと思いますし、また一通ずつ手にとって審査するということを考えると、一見アナログな方法ですが、ハガキの応募でも勝機は十分にあると言えます。

当選結果の通知はいつくるの?

応募したはいいけれど、待てど暮らせど結果の通知が来ないなんて経験をされたことがある方も多いんじゃないでしょうか?

日本レコード大賞の応募結果の通知について調べてみると、どうやら結果は当選者のみハガキかメール、もしくは電話で通知されることになっているようです。

また、当選の通知が来るのは12月25日前後となっているようです。

 

12月25日はハラハラドキドキの一日になりそうですね^ ^

Sponsored Link

日本レコード大賞の倍率や当選の基準は?

次は日本レコード大賞の当選倍率や基準を見ていきたいと思います。

レコード大賞の観覧への応募数は残念ながら正式な発表はされていません。なので正式な倍率を把握するというのは少しむずかしそうです。

 

参考程度にはなりますが、紅白歌合戦の観覧募集の当選倍率は1,000〜1,300倍と言われています。

しかし、すごい倍率ですf^_^;(笑)

 

視聴率などから考えて、レコード大賞への応募は紅白歌合戦ほど多くないと考えることはできますが、それを考慮しても倍率はかなり高いんじゃないかなと思います。

そしてもう一つ気になるのが抽選の基準です。抽選の方法についての詳細な基準は好評されていませんが、厳正なる抽選の上というのが基本になると思います。

抽選の方法はハガキでの応募もあることを考えると、やっぱり人間の目で確認して選定していると考えられますよね。

Sponsored Link

当選確率をアップする方法は?

それでは本題です!当選確率をアップさせる方法についてみていきたいと思います。

先ほども言ったように、厳正なる抽選とはいえ抽選をするのは人間ですよね。

 

懸賞などでも、

・汚い字や不備があるハガキは当たらない。
・アンケート回答の内容が当落を左右する!­

なんてことがよく言われますよね。

 

字が汚いから落選する、番組に対する想いをしっかり書いたら当選しやすいなどなど、「そんなの厳正なる抽選と言えるの?」と思ってしまいがちですが、まさにそれこそが厳正なる抽選となるんじゃないかなと思います。

 

なぜなら、抽選の後には当選通知の発送作業が待っています。その時に字が汚く、正確に読み取れなかったら通知を正確に届けることができませんし、当日キャンセルしそうな人より、「確実に来てくれる人=応募内容から想いが伝わってくる人」を選ぶというのは、提供する側からすれば当選させるにあたっての一つの基準となるのは間違いなさそうです。

 

なので、当選確率を上げるポイントは、

「応募は選ぶ側の気持ちになって書く」ということが、最大のポイントとなりそうですね。

 

・ハガキはできるだけ丁寧な字で誤字脱字に気を付けて書く
・インターネットの場合は誤字脱字に注意
・個人的な私情より、番組に対する感想や率直な想いを書く
・重複応募はしない
・ハガキの場合過度なデコレーションは避ける

 

などなど、抽選担当者に不信感を抱かせないような書き方や応募の方法は避けるということに留意して、ぜひ抽選する側の気持ちになって応募してみてください^ ^

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は日本レコード大賞2017の観覧応募方法とその確率をアップさせる方法についてご紹介してきました。

これをしたから必ず当選するという保証はありませんが、自分が送った応募内容は間違いなくチェックされているということを意識しながら応募してみましょう^ ^

 

あとは当選通知が届くのを楽しみに待つだけです!

みなさんに当選通知が届けばいいですね^ ^