今年も27時間テレビが放送されましたね。

2017年の27時間テレビのコンセプトは、「日本の歴史」ということでこれまでとは少し違った毛色の企画となっていました。

こうした路線の変更について様々な意見や感想が出ているようです。

今年の番組の視聴率やこれまでの推移と合わせてご紹介させていただきます。

27時間テレビの視聴率

今年の27時間テレビはこれまでの内容と大きくコンセプトチェンジした内容となっていましたね^ ^

こうした内容やコンセプトの変更が視聴率に影響したんでしょうか?

また、これまでの放送の視聴率の推移も調べてみたので、ご紹介させていただきます^ ^

第1回 (1987年):19.9%、
第2回 (1988年 ):14.0%
第3回 (1989年 ):14.7%
第4回 (1990年 ):11.7%
第5回 (1991年 ):11.7%
第6回 (1992年 ):19.0%
第7回 (1993年 ):17.9%
第8回 (1994年 ):13.8%
第9回 (1995年 ):15.1%
第10回 (1996年 ):14.4%
第11回 (1997年) :11.6%
第12回 (1998年 ):12.1%
第13回 (1999年) :13.3%
第14回 (2000年 ):13.9%
第15回 (2001年 ):11.4%
第16回 (2002年 ):11.6%
第17回 (2003年 ):10.3%
第18回 (2004年 ):16.9%
第19回 (2005年 ):13.0%
第20回 (2006年 ):12.6%
第21回 (2007年 ):12.4%
第22回 (2008年 ):13.8%
第23回 (2009年 ):13.8%
第24回 (2010年 ):12.6%
第25回 (2011年 ):14.0%
第26回 (2012年 ):14.1%
第27回 (2013年 ):9.8%
第28回 (2014年 ):13.1%
第29回 (2015年 ):10.7%
第30回 (2016年 ):7.7%
第31回 (2017年):

これまでの放送の視聴率を見てみると、視聴率という部分で見てみるとやはりここ数年は苦戦しているといった印象となっています。

今年の視聴率については放送終了後に追記していきたいと思います。

 

Sponsored Link

生放送じゃないし、つまらない?感想や反応は?

今年の27時間テレビの感想として目立っていたのが、

 

・「なんで生放送じゃないの??」

・「生じゃないなら27時間やる必要ある??」

・「今年の27時間テレビはつまらない」

 

というような、少し辛口の感想や反応が多かったようです。

 

 

今年の27時間テレビは“歴史”がコンセプトになっていたので、これまでのコンセプトとは大きく路線変更された内容となっていましたよね。

 

また、これまでの27時間テレビの目玉企画となっていた、さんま&中居の「今夜も眠れない」などの企画がなかったことも要因になっていたのかもしれません。

 

これまでの「27時間テレビ=お笑い」という視聴者のイメージと、今年のコンセプトである歴史という部分のギャップが大きかったのかもしれませんね。

 

また、その企画の特性上で生放送ではなく収録が中心となっていたことも、これまでとは大きく違っていたことが、やはりこれまでの放送とのギャップを生み出してしまったのかもしれませんね。

 

そういった声もある一方で、

 

などなど、歴史という部分にコンセプトを絞ったことに対して一定の評価をされている方も多くいらっしゃいましたね^ ^

Sponsored Link

27時間テレビが生放送じゃなかった理由は?

今年の27時間テレビが生放送ではなかった理由は何だったんでしょうか?

次はその理由について調べてみました。

今年の27時間テレビが生放送じゃない理由として上がっていたのは、

 

①放送事故を避けるため

②制作費用を圧縮するため

 

というこの2点が大きかったようです。

歴史というジャンルは少しの認識や見解の違いが大きな摩擦を呼んでしまうことがよくあります。その放送の影響が大きければ大きいほど、その摩擦力も大きくなってしまいますよね。

 

なので、生放送で歴史関係の企画をやるにはかなりのリスクも伴い、こうしたことを避けるためには生放送はかなり厳しいという判断ったったのではないでしょうか。

 

また、視聴率の低迷という課題を抱えるフジテレビにとって、制作にかかる莫大な費用を少しでも圧縮したいというのが本音のところだったのかもしれませんね。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は27時間テレビの視聴率や感想についてお届けしてきました。

大きなコンセプト変更があったことに対してギャップを感じられた方もいらっしゃったんじゃないかなと思います。

 

個人的には、歴史が苦手な方なので27時間テレビでは、わかりやすく、面白く日本の歴史に触れることができたので、新鮮なイメージを受けました^ ^

来年の27時間テレビが再びこれまでのようなの内容に戻るのか、次なるコンセプトで企画されるのか、その動向が気になりますね。