今日は少し真面目なことを考えてみたいと思います^ ^

 

何を考えるのかというと私たちの生活に直結する「消費税」についてです。

現在の消費税率は8%ですが、近々10%まで引き上げられることがすでに避けられない事実として迫ってきています。

 

今回は、消費税10%への引き上げの時期やその必要性とそのメリットやデメリット、そして増税が必要な理由などについて考えていきたいと思います。

消費税10%はいつから?

消費税が10%に増税されるのは2019年(平成31年)10月1日です。

しかし、これはあくまでも、現時点での見通しというものに過ぎないと言った方がいいのかもしれませんが…

 

というのも当初、消費税の10%への引き上げは2015年10に行われる予定となっていたんですね。

 

がしかし、これが1年半先送りとなり、2017年4月先延ばしされることとなりました。

 

そしてさらに2016年の6月には2017年4月に予定していた10%への引き上げをさらに1年半先延ばしし、2019年の10月とすることを安倍首相が発表しました。

 

これまでに2度の先延ばしなった消費税10%への引き上げですが、これまで引き上げを先延ばしにしてきたのには政治的な理由や世論的な理由、国内・世界経済を見渡した中での状況判断などなど、様々な要素が絡みあってのことだったのだと思います。

 

2016年の延期時には増税延期について安倍首相は、

「内需を腰折れさせかねない消費税率の引き上げは延期すべきだと判断した」

という理由を発表されていましたね。

 

当初の増税予定となっていた2015年から2019年になったので、結果として4年間先延ばしとなっているということですね。

 

でも、もうこうなってくると、

 

「増税、増税っていうけど国民にとっては負担が増えるデメリットばかりでメリットあるの?」

とか、

「そもそも、ほうんとうに増税は必要?」

 

なんて声が出ているのも事実ですよね。

ということで次は、消費税の増税のメリットやデメリットについて考えていきたいと思います。

Sponsored Link

消費税のメリットとデメリット

消費税を増税することで私たち国民に与えるメリットやデメリットを理解しておく必要がありますよね。

一般的に言われている消費増税のメリットとデメリットについてまとめてみました。

消費税増税のメリットは何?

・国の予算が増えて社会保障制度が安定する。➡︎景気が良くなる

・公共事業などが増え仕事が増える。➡︎景気が良くなる

・震災の被災地の早期復興につながる➡︎景気が良くなる

 

消費税増税のデメリットは何?

・個人消費や投資が少なくなる。➡︎景気が悪くなる

・低所得者の生活が苦しくなる。➡︎景気が悪くなる

・国民の政府に対する不満が増加と治安の悪化。➡︎景気が悪くなる

・中小企業の倒産や失業者が増加。➡︎景気が悪くなる

 

などなど、消費増税をめぐるメリットやデメリットは個人の考え方やお偉い政治家さんや学者さんでさえ考え方が違っているので、これらが明確なメリット、デメリットと言い切るのは難しいかもしれませんが…f^_^;

 

ですが、「増税がいい」とか、「増税は悪い」という感覚的なイメージだけでなく、実際に自分と周囲の生活にとってどんな影響をもたらすんだろうということを広角的に見る視野を持って、そのことについて考えるという姿勢が必要なんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

消費税増税が必要な理由について考えてみた

ということで、消費税のメリットとデメリットについてみてきました。

最後にそうしたメリット、デメリットを踏まえたなかで今後の消費税の増税が必要な理由について考えてみたいと思います。

これからの日本に待ち受ける未来

まずはこれからの日本に何が待ち受けているのかについて考えたいと思います。

と、考え出すともうそれはキリがないくらいあると思いますが…

 

直近の日本を待ち受ける大きな課題を2つについて考えたいと思います。

東京オリンピック後の経済衰退

まず一つ目は、2020年に東京で開催される東京オリンピック後の経済発展についてです。

これまでにもオリンピック後の景気は衰退する傾向にあるということがあり、その後の景気対策をどうしていくかという議論がされていますよね。

 

実際、これまでの歴史の中で、そのほとんどがオリンピック終了後に経済は鈍化しているという結果に…。

 

2004年にあったギリシャの財政破綻は、アテネオリンピックの開催が大きく影響していたと言われれいますし、2016年にブラジルで行われたリオオリンピックでは、開催する前にも関わらず、「深刻な財政危機」に陥り、五輪とパラリンピック開催の「義務を果たすことができない」として非常事態宣言を発動するという始末に…。

 

オリンピックまでは様々な内需が生み出されますが、その後を考えると、「ヒト・モノ・カネ」の動きはそれまでに比べて一気に停滞することは目に見えてますよね。

 

とはいっても、いち国民として日本開催のオリンピックが盛り上がりを見せ、その後の景気回復の起爆剤となってくれることを期待したいですが^ ^

2025年問題

今後の日本が抱える問題の2つ目、それは「社会保障費のパンク」という点じゃなかなと思います。

2025年の日本は、戦後の世代として最もボリュームの厚い団塊の世代が全員75歳以上を迎える年となります。

それとともに、医療や介護、そして年金に係る費用も最大になるというとてつもなく大きな問題、それが2025年問題です…

 

今でさえ年金の受給額引き下げられ、年金保険料引き上げられているにも関わらず今後、まだそういった将来が待っているとなるとかなりヤバいですよね。今の税収ではパンクするの分かりきってますよね。

 

 

年金の「受給年齢の引き上げ「成人年齢の引き下げ議論」「一億総活躍」「女性の活躍」などなど、結局行き着くところは税収を上げるということ。

ただならぬ政府の焦りみたいなものを感じますよね。

結局増税は必要?

個人的にはこれから先、日本を待ち受けるいろんな問題のことを考えると結論、消費税はしなければいけない思います。

 

ですが、それには一つ条件が…

それは「使われるべき時に、使われるべきところに、有効に!」というただそれだけ…

 

増税に反対の意見をお持ちの方も多いと思いますが、そうした意見をお持ちの方も実は、増税しなければ日本の将来が危ういということを心のどこかで理解している部分もあるんじゃないでしょうか?

 

増税に反対する人たちが、増税に反対する本当の意味、それは国民の血税が「ワケのわからないところ」に「ワケの分からない理由」で使われているということに対する怒りの表れなんじゃないかなと思います。

 

そりゃ、そうですよね。国のためとはいえ、自分が必死に汗水垂らして稼いだ私財の一部が、無駄な使われ方をされるとなると、それは当たり前の感情だと思います。

 

ワイドショーなんかで、税金の無駄遣いとかを見ていると、最初は腹立たしい気分になってましたが、最近ではこんなことが多すぎて、国会の答弁なんか見てても「しょ〜〜〜もなっ!!」って感じですf^_^;

 

税金は「国民が自分の国の発展と自分たちの未来の幸せへの投資」といっても過言ではないですよね。

今後、私たちが収める税金が有効に活用されることを期待したいものですね。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は珍しく真面目な話で、少し疲れてしまいましたが、消費税の増税は日本の土台となる避けて通れない重要な問題ですよね。

これから日本に待ち受けている未来や将来は厳しいものが待っているかもしれませんが、やっぱり僕は日本に生まれてよかったなと思いますし、日本が大好きです。

消費税の10%への増税が日本の明るい未来のために使われることを願いたいですね。

 

景気=人の気持ち、気持ちの様子」と良く言いますよね。今の日本、ちょっとしんどい状況ですが、僕たち一人一人も明るく前向きな気持ちで過ごすことが景気回復の一役となるのかもしれませんね。