「読書の秋」、「スポーツの秋」、いろんな秋がありますが、みなさんはどんな秋が好きですか?

僕は間違いなく、「食欲と味覚の秋」です^ ^

 

秋は美味しい食べものがたくさんありますが、その中でも特に美味しい旬を迎えるのが「さんま」です。

 

さんまを漢字で書くと、「秋刀魚」ですよね。名前の中に「秋」という漢字が入っているというだけで、さんまが旬の魚ということがわかりますよね^ ^

 

ということで今回は、秋の味覚のさんまを楽しめるイベント、東京タワーで行われるさんままつりについてお届けしていきたいと思います^ ^

東京タワーさんま祭りって?

東京さんま祭りは今年で9回目を迎えます。

さんまは岩手県の大船渡港から直送されたさんまが味わえるイベントとなっています。

このイベントは東日本大震災の復興からの復興の一環として、大船渡港に水揚げされたさんまをはじめ、水産物のPRも兼ねて毎年行われます。

 

このイベントのメインとなる、目玉企画が旬のさんまを東京タワーの高さ333mにちなんで合計で3,333人無料で振る舞われるというもの^ ^

当日は旬のさんまグルメをお目当てになんと1万人〜1万5千人の人が集まります。

 

さんまの無料配布だけではなく、さんますり身汁1杯200円の限定2,000食)や大船渡さんまバーガー1個600円の限定1,000食)などなど旬のサンマを使ったローカルフードを楽しむことができます^ ^

 

また、食べ物以外にもステージイベントなどもあるので、一日楽しめるそんなイベントとなっています。

Sponsored Link

東京タワーさんま祭りの日程

東京タワーさんま祭り2017の日程についてです。

 

イ ベ ン ト 名:「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」
日    程:2017年9月23日(土) ※小雨決行・荒天中止
時    間:9:30~16:30
場    所:東京タワー 南側駐車場 特設会場、1階正面玄関前

都会のど真ん中でさんまを楽しめる人気イベント「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」。

 

イベント当日は、東京タワー周辺は焼きさんまの美味しそうな香ばしい香りに包まれそうですね。

たまらない香りに引き寄せられて多くの人が集まりそうですね^ ^

整理券配布の時間は?

イベントの開始時間は午前9:30からですが、さんまの無料引き換えの整理券の配布については朝の7:30からとなるので注意が必要かもしれません。

 

イベント開始時間に行ってすでに大行列で整理券をもらえなかったってことにならないように、早めに行くことがさんまをGETする大きなポイントとなりそうですね。

 

毎年、整理券の配布時間である7時30にはすでに行列ができているようなので、それまでに現地に行けば大きな混雑もなく整理券を手に入れることはできそうですが、朝も早いということもあるので、あとは自分との闘いになってきそうですね^ ^

Sponsored Link

東京タワーさんま祭りの感想

東京タワーでのさんま祭りの感想や口コミなどについてネット上での反応について調べてみました。

 

 

東京タワーのさんま祭りでは、焼きさんまだけではなく、「さんまのつみれ汁」や「さんまバーガー」など、旬の秋刀魚を使ったフードを楽しむことができます。

また、その他イベントごともあるので、一日中楽しめるイベントとなりそうですね^ ^

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は、「東京タワーさんま祭り2017」についてお届けしてきました。

都会の真ん中で秋の味覚のさんまを楽しめるというなんとも贅沢なこのイベント。

 

みなさんもぜひ東京タワーで秋の味覚の「秋刀魚」を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか^ ^