8月8日に行われた第15回の国民的美少女コンテスト。

みごと映えあるグランプリに輝いたのは井本彩花さん!

 

国民的美少女コンテストといえば、米倉涼子さんや上戸彩さんなど多くの人気女優さんたちが受賞してきた登竜門となっているコンテスト。

 

ますます注目が集まりそうな井本彩花さんについてお届けしていきたいと思います^ ^

その中でも井本さんの歌唱力について様々な声があるようなので、このポイントにスポットを当ててお届けしてきたいと思います^ ^

井本彩花のプロフィール

まずは、井本彩花さんのプロフィールについてみていきましょう^ ^

名   前:井本彩花(いもと あやか)
生 年  月 日:2003年10月23日(13歳)
出 身 地:京都府
身   長:162.5センチ
血 液 型:A型
趣味・特技:クラシックバレエ
得 意  科 目:数学
苦 手  科 目:体育
所属事務所:オスカープロモーション

 

 

井本彩花さんがグランプリを受賞した第15回国民的美少女コンテストへの応募数はなんと、8万5千人

倍率を考えただけでも、ものすごい競争率ということだけはすぐにわかりますf^_^;

 

そんな井本彩花さんのグランプリ受賞の武器となったのは、小さい頃から続けていたバレエ

今でも平日では3〜4時間、土日には5時間も練習されているんだそうです。その成果もあってか、背筋が通っていて立ち姿もとってもキレイですよね^ ^

 

体育が苦手と言いながらも、クラシックバレエでは、小5の時に大会で「京都市長賞」をもらったこともあるんだそうです!

なんでもそうだと思いますが、賞をもらうことってそんなに簡単なことじゃないので、すごい特技だと思います^ ^

 

そんな井本さんですが、苦手なものがもうひとつあるようです!

体育より苦手なものとは何なんなのでしょか?

Sponsored Link

井本彩花は歌が下手⁉︎

井本彩花さんが体育より苦手とするものについてみていきたいと思います^ ^

 

井本さんが苦手とするもの…

それは「歌が苦手」なんだそうです。

 

どれくらい苦手かというと、「音程が取れないくらい苦手」なんだそうですよ。でもクラシックバレエをやっていると音楽に合わせてリズムや流れの中で踊ることもあると思うのですが、そこはまた違うものなんでしょうか。

 

井本さんがコンテストで歌ったのは、ZARDの「負けないで」

 

 

確かに、動画で確認する限り歌はあんまり得意じゃないのかなという印象を受けますねf^_^;

だけど、歌が苦手という中でも真剣に歌うという一生懸命な姿に逆に心を掴まれてしまうのかもしれませんね。

 

 

ですが、グランプリを受賞するためには8万5千人の戦いを勝ち抜いていかないといけなかったはずですが、その中で歌が大の苦手の井本さんがグランプリを受賞できた理由は何だったんでしょうか?

Sponsored Link

井本彩花が音痴でもグランプリを獲れた理由は?

歌の審査シーンだけをみていると、「グランプリを獲れた理由は他にあったの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

井本さんがグランプリを受賞した決め手となったのは何だったんでしょうか?

 

コンテストを運営するオスカープロモーションの鈴木誠司副社長は今回の選考の決め手について、

 

「今回はかなりの混戦で、意見が割れた。アイドル全盛の今『正統派の美を継承する』という観点で、個性やキャラクターを踏まえ彼女に決まった。原石を大事に育てたい」

 

とコメントされています。

 

「歌が下手」とういう部分を含めた中で、それもキャラクターの個性として捉え、彼女をグランプリとして選考したということだったんですね^ ^

 

 

確かに全てパーフェクトということも素晴らしいことだと思いますが、何か一つ弱みを持っている方が、個性的なキャラとして強烈なイメージが付きやすいのかもしれませんね。

 

でも、それ以上にとっても可愛いので、歌が下手ということすらも可愛いという方向に転換できるのかもしれません。

 

これはもしかすると、想像上に強力な武器になるかもしれませんね^ ^

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか^ ^

今回は第15回美少女コンテストで見事グランプリを獲得した、井本彩花さんについてお届けしてきました。

華々しいデビューを飾ってのスタートとなりましたが、女優業にモデル業にとまだまだこれからの活躍に期待大です。

 

今後も井本彩花さんから目が離せなくなりそうですね。