フローラン・ダバディさんがひさしぶりにテレビに登場されるようです。

6月26日のネプリーグで外国人インテリ軍団の一人として出演されるようです。

ということで、ダバディさんのことを知らない方もいらっしゃるかと思いますので調べてみました。

また、激痩せしたという声もあるようなので、その原因についても調べてみました。

ダバディのスゴ過ぎる経歴

ダバディさんの経歴について調べてみました!!

 

 

 

ダバディさんは高校卒業後、UCLAに短期留学。

その後、パリの国立東洋語文化学院(INALCO)の日本・韓国学科に入学されたそうです。

静岡大学にも短期留学されていたそうです。

 

1998年に来日し、映画雑誌「プレミア日本版」の編集者となります。

そして中でも最も有名なのは、1998年からサッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエのパーソナル・アシスタントを務められたこと。

もしかするとこの時の印象が強く残っている方もいらっしゃるかもしれませんね。。

 

などなど、輝かし過ぎる経歴の持ち主ですね^ ^

 

ダバディさんは語学の能力も長けていて、何とフランス語と日本語、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語の7か国語を喋ることができるんだそうです!!

 

母国語もままならない僕にとっては羨まし過ぎる能力です(笑)

Sponsored Link

ダバディが激痩せの原因は病気?

スゴ過ぎる経歴を持つダバディさんですが、激痩せしたと言われています。

激痩せして急激に痩せた姿を見て心配された方もかなり多かったようです。

ダバディさんの体に一体何があったんでしょうか?

 

 

とみなさん、ダバディさんの異常なほどの激ヤセぶりには「病気じゃないの?」というような心配の声が寄せられていました。

ダバディさんが激ヤセした理由は何だったんでしょうか??

 

と調べてみると、どうやら激ヤセの原因は病気ではなく、「栄養のコントロール」にあったようです。

このことについて、以前ご自身のTwitterの中で、

『選手のようにトレーニングと栄養学を厳しくしているので、痩せたのかもしれません。プロじゃないのになんで?と突っ込んだ質問されたら困ります 笑』

というようなコメントを残されていたようです。

 

選手に対してもそうだったようですが、自分に対してもかなりストイックだったようですね^ ^

Sponsored Link

ダバディはトルシエより厳しかった?

ダバディさんは1998年からサッカー日本代表であったトルシエ元監督の通訳であったことで有名ですよね。

そんなダバディさん、特にはトルシエ監督よりも熱く選手に接していたそうです^ ^

ダバディさんが熱かったのは、トルシエ監督の想いを十分に選手に伝えたいという気持ちから。

自分の日本語がうまく伝わらないかもしれないという気持ちからか、ついつい身振り手振りが大きくなってしまっていたそうです。

時にはトルシエ元監督から、「やりすぎだよ」と言われたこともあったようです(笑)。

ダバディの現在は?

そんな熱い男、ダバディさんは現在どういった活動をされているのかというと…

コラムニストやスポーツ番組などのコメンテーターとして活動されているようです。

また、ダバディさんはテニスにも精通しているらしく、WOWOWのテニスナビゲーターも務められているようです。

サッカーだけでなくテニスにも熱い男。

というか何にでも熱い男ですね^ ^日本の熱い男松岡修造さんとはとっても気が合いそうですね(笑)

Sponsored Link

まとめ

今回はサッカー日本代表のトルシエ元監督の通訳として知られるフローラン・ダバディさんについて調べてみました。

現在はスポーツ関連のコメンテータを中心に活動されているということもありますので、これからもどんどんスポーツ界を盛り上げていっていただきたいですね。

 

もしかすると再びダバディさんが日本代表の通訳になる日もあるかもしれませんね^^