近年、大人気となっているフェスの一つ、「泡フェス2017」についてご紹介させていただきます!

今回は泡フェスの日程や服装、チケットの購入方法などについて調べてました!

泡フェスって?

「泡フェス」、どんなフェスかというと…

その名の通り、踊りながら泡まみれになるという、泡のお祭り!!

日本での泡フェスの始まりは、2012年頃に初めて開催されたことをキッカケに名物イベントになりました。

この泡フェス、もともとは地中にあるイビサ島というところが発祥のフェスなんです。

そんなイビザ島発祥の泡フェスですが、今年の泡フェスのテーマは「日本の祭り」

会場も祭りがモチーフとなりますが、360度泡まみれになれる「泡やぐらブース」やふわふわの「泡氷」など、泡まみれになれる仕掛けが満載です!

さらにイベントだけじゃありませんよ!!

「泡縁⽇ブース」が設定されることとなっており、泡フェスならではの「泡フード」も楽しめるということであり、身も心も泡まみれで楽しめる内容となりそうです!

Sponsored Link

泡フェスの日程

2017年の泡フェスの皮切りとなるのが、広島と静岡。その後、全国各地で泡フェスが開催されます。

詳細日程が出ている分のみご紹介させていただきます!

 

広島会場

開   催   日   時:2017年7月30日(日)
場    所:呉ポートピアランド(広島県呉市天応大浜3-2-3)

チケット販売:5⽉26日(金)から発売開始
・前売早割 3,800円(※6月30日まで)
・前売一般 4,200円(※7月1日~開催前⽇まで0
・当⽇券4,500円(当日会場のみで販売)

静岡会場

開催日時:2017年8月26日(土)~27日(日)
場  所:清水マリンパーク(静岡県静岡市清水区港町1丁⽬7-8)

チケット:6⽉1日(⽔)から発売開始
・前売早割 一日券4,500円(二日通し券8,000円)
・前売一般 一日券5,500円(二日通し券10,000円)
・当⽇日券 6,000円(前売り券完売の場合販売なし)

 

その他会場の日程については詳細情報が発表され次第追記していきます。

Sponsored Link

泡フェスの服装や靴は?

泡フェスに行ってみたい!そして泡まみれになりたい!

でもどんな服装で行ったらいいの分からないといういう方のために、泡フェスへ参加する時の服装や持ち物についてご紹介させていただきます。

 

泡フェスは水着では入場できないので、動きやすい服装にが基本となりそうですね。また、フェスでは動き回ることや人の数も多いので、安全のことも考えるとスニーカーがベターです!

 

男性はそれほど気にしないと思いますが、特に女性の方は服装は気になるところだと思います。

 

女性の方は水着の上にTシャツとショートパンツとかがパターン的に多いんじゃないでしょうか。また髪型もおろしていくよりアップヘアの方が動きやすいと思います!もみくちゃの泡まみれになること確定ですから(笑)

 

泡フェスの雰囲気がわかる動画を見ていただければ、イメージがつかみやすいかもしれませんね。

泡フェスの持ち物は?

泡フェスへはできるだけ軽装で行くことをおすすめしますが、下の3つは必須アイテムなので忘れずに持って行った方がいいかもしれません。

 

①スマホ防水ケース

 

 

②サングラス

 

 

③着替え(タオル)

着替えやタオルは絶対に忘れす持って行ってくださいね〜。

出ないと泡まみれのまま帰らないといけないなんてことになっちゃいますからね(笑)

Sponsored Link

チケット購入方法は?

泡フェスのチケットは

会場ごとに違いますが、Tシャツなどのオリジナルグッズが特典としてついたお得なチケットもあるので、要チェックですね!

チケットの購入は、こちらからアクセスできます。

なんにせよ、事前購入の方が値段もお得になりますし、人気のイベントなので、チケットが売り切れる前に早いめに購入しておいた方が良さそうですね!

まとめ

今回は、泡フェスの日程についてご紹介させていただきました!

今年の夏泡まみれになって思いっきりストレス発散、思い出を作りたい方にはオススめのイベントとなりそうですね。