今回は、岐阜県岐阜市で開催される「長良川花火大会」へのアクセスについてご紹介させて頂きます!

長良川花火大会って?

長良川花火大会には、①全国選抜長良川中日花火大会②長良川全国花火大会「2つの大会」があります。

この長良川花火大会では、全国の花火師がその技術を披露する花火大会となっています。この花火大会の特徴は、夜だけではなく、昼間は音と煙の花火も楽しむことができるというところです。

例年の来場者数も約35万人と県内で最大級の花火大会となっています。

Sponsored Link

2017年の長良川花火大会はいつ?

開催スケジュール

①全国選抜長良川中日花火大会
◆開催日:平成27年7月25日(土)
◆開催時間:
・09:00頃~      朝の部・昼の部(号砲や彩煙)
・18:00頃~      色玉やスターマインが上がり始めます。
・19:15頃~20:45 夜の部

※小雨決行、荒天・増水時は8月22日(土)に延期

②全国花火大会
◆開催日:平成27年8月1日(土)
◆開催時間:
・09:00頃~       朝の部・昼の部(号砲や彩煙)
・18:00頃~       色玉やスターマインが上がり始めます。
・19:30頃~20:45頃 夜の部

※小雨決行、荒天・増水時は8月29日(土)に順延

というタイムスケジュールになっています。

Sponsored Link

長良川花火大会へのアクセス方法

長良川花火大会2017の開催場所とそこまでのアクセスについてご紹介させていただきます。

長良川花火大会2017の開催場所は?

2017年の長良川花火大会の開催場所は、

「岐阜県岐阜市長良川河畔、長良橋下流~金華橋上流」

となっています。

 

次は、会場へのアクセスにいてご紹介させていただきます。

 

その①:車でアクセス

車でのアクセスの場合は、

東海北陸自動車道岐阜各務原ICから国21号を岐阜県庁方面へ車で10km。

となります。

駐車場は、花火大会臨時駐車場が設置されますが、午前中にはすぐに埋まってしまうようです。

車で行くときの鉄則は、歩くことを覚悟して少し距離が離れた駐車場に停めるというのが鉄則ですね。

仮に会場近くの駐車場に停めることができたとしても、帰りに身動きが取れないということになりかねませんからね。

オススメ駐車場

①名鉄協商パーキング岐阜第1
・収容台数:458台
・位置情報:〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1丁目3−1
・最大料金:1200円(24時間まで)
・駐車料金:20分100円
・営業時間:24時間

②名鉄協商パーキング岐阜第2
・位置情報:〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町2丁目11−1
・収容台数:345台
・最大料金:最大1300円(24時間まで)
・駐車料金:20分100円
・営業時間:24時間

岐阜市駅西駐車場
〒500-8856 岐阜県岐阜市橋本町2丁目16
収容台数:623台
最大料金:1200円(24時間まで)
駐車料金:30分150円
営業時間:24時間

 

と大型の駐車場をご紹介させていただきましたが、どの駐車場も夕方4時頃までにはほとんど埋まってしまうようなので、やはり早めに行くことが必須となります。

 

その②:電車でアクセス

電車でのアクセスは、

①名鉄名古屋本線名鉄岐阜駅

②JR岐阜駅

で下車となります。

電車で行く際もやはり早め早めの行動が吉となりそうですね。。

その③:バスでアクセス

バスで行かれる際は、16:00頃からJR岐阜駅と名鉄岐阜駅から臨時バスが運行されます。
臨時バスの詳細は大会前に岐阜バスホームページに掲載されますので、花火大会前に確認しておくといいですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は岐阜県岐阜市で開催される「長良川花火大会」の日程や交通のアクセスについてご紹介させていただきました。

長良川花火大会は、7月25日(土)と8月1日(土)に開催されますので、どちらかを見逃しても再度チャンスがあるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?