日比谷公園で日本最大級のビアガーデン「ヒビヤガーデン」が今年も開催されますよ!!

これからの時期ビールがとっても美味しい季節になってきます。

仕事帰りに立ち寄るのもよし、休日にデートで行くのもよし、一人でふらっと立ち寄るのもよし!!

開放感あるヒビヤ公園で最高のひとときを楽しんでみてはいかがでしょう!

今回は、ヒビヤガーデンの予算や予約方法などを中心にご紹介させていただきます。

ヒビヤガーデンの開催日程は?

まずは、ヒビヤガーデンの開催日程をご紹介しておきますね。

期間:2017年5月19日(金)〜5月28日(日)

時間:①平日 16:00~22:00

②土日 11:00~22:00

 

土日は午前中から開催されていますので、たまには昼間っからビールを飲むなんて贅沢してもてもいいかもしれませんね。

Sponsored Link

場所とアクセス方法

開催場所

ビビヤガーデンが開催されるのは、日比谷公園の噴水広場です。

住所:東京都千代田区日比谷公園1-2

 

アクセス方法

①日比谷線、千代田線:日比谷駅 A14出口から 徒歩約1分
②丸ノ内線     :霞ヶ関駅 B2出口から   徒歩約5分
③都営三田線    :内幸町駅 A7出口から   徒歩約5分

ここでしか飲めないビールを思いっきり楽しむためにも、移動は公共交通機関を使った方がいいですね。

Sponsored Link

フードやビールの予算や支払い方法は?

ヒビヤガーデンでは、ドイツ、ベルギー、イギリス、アメリカ、タイなど11カ国70種類以上のビールが集結します!!

そしてこのビールに合うフード類は100種類以上!

思う存分ビールと美味しい料理を楽しみたいですよね。

そこで気になるのは予算ですよね。

 

ヒビノガーデンでのメニューは公表されていますが、値段については公開されていません。

ですが、こうした野外でのビールフェス系での値段は想像以上に高かったりしますよね。

また、ヒビのガーデンでもディポジット代金(1杯目のグラス預かり金)約1,000円も必要となります。

 

大体の相場でビールは1杯1,000円前後、フードも600円〜2,000円くらいまで結構幅があったりします。

なので、食べきれないほど頼んでしまうとあとあとビックリしてしまう額になっている可能性も…(笑)

 

ですが、ここで味わえるのは産地から直送されて来るこだわりビールや、食べ物だったりします。普段飲みに行くのを1回我慢して、ヒビヤガーデンで思いっきり楽しむのがいいと思います!!

 

ヒビヤガーデン メニュー一覧表

 

支払い方法は基本的に各店舗で現金での支払いとなります。

また、領収書も出るようなので、仕事関係で行かれる方は接待経費として処理できるかもしれませんね。

Sponsored Link

飲み放題コースや予約方法は?

せっかくのヒビヤガーデンなので、思いっきり飲んで食べて楽しみたいですよね。

そんなとき、飲み放題プランなんかがあればいいと思いますよね。

ヒビヤガーデンにも飲み放題プランなんかがあるのかなと思って調べてみたのですが、残念ながら飲み放題プランは無いようですね。

各店舗でその都度支払いをするというシステム上、飲み放題というのは基本的に難しいですよね。

 

団体予約は可能

残念ながら飲み放題はありませんでしたが、大人数で行きたい時や万が一雨が降っても思う存分楽しめる席があります。

それが、「プレミアムラウンジ」です。

料金:12,000円(1組4名まで)

【平日】16:00~19:00
19:30~22:00
【土日】11:00~13:00
13:30~16:00
16:30~19:00
19:30~22:00

ヒビヤガーデンの席数は2,000席となっていますので、確実に席を確保されたい方は、こちらの席を予約してみてはいかがでしょうか?

チケットの予約はこちらから

まとめ

と今回はヒビヤガーデンの予算や支払い方法などについてご紹介させていただきました。

この期間にしか味わえないビールとフードを求めて一度足を運んでみてはいかがでしょうか?