6月はあじさいが綺麗な時期です。梅雨の時期はどんよりした気持ちになりがちです。

そんなときあじさいが綺麗に咲いているのを見るとなんだか幸せな気分になれたりしますよね。

これからの季節、あじさい鑑賞を楽しみにしている方も多いと思います。

今回は京都にある三室戸寺(みむろどでら)のあじさいについてご紹介したいと思います。

 

三室戸寺のあじさいの見頃は?

三室戸寺には50種類約10,000株のあじさいが植えられていて、シーズンにはたくさんの花が咲き乱れます。その景色は圧巻で三室戸寺は、別名「あじさい寺」とも称されています。

 

三室戸寺でのあじさいの見頃は、例年6月10日から6月25日頃までとなっています。また、その時期に合わせて夜はライトアップもされるため、昼間とは違った風景を楽しむこともできます。

 

ライトアップされるのは、6月10日から25日の間の土日限定19時〜21時となっています。

拝観料も大人500円、小人300円ととってもリーズナブルです。

Sponsored Link

三室戸寺のあじさいはハート型?

京都の三室戸寺にはハート型のあじさいがあるというのは聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、本当に咲いているんでしょうか?

ハート型のあじさいと言われても、実際に見てみないとわかりませんよね。ハート型のあじさいなんて本当にあるんでしょうか?

 

次はその形や咲いている場所についてみていきたいと思います。

 

ハート型のあじさいって?

三室戸寺では、ハート型のあじさいが見られるんです!

 

ハート型って聞いたっだけでなんか幸せな感じがしますよね。でもこのハート型のあじさい、境内で茶屋を営んでいる方が偶然見つけられたのがきっかけだそうです。

 

今では見つけると恋愛成就幸運につながると言われています。ハート形になる品種なのかなと思ったのですが、そうではなく自然とハート型になるんです!!

 

あじさいは普通、球状に花を咲かせるのが普通ですが、それが雨や花の重みによって形が変化しハート型になるんだとか!

自然の力ってすごいですね!

Sponsored Link

ハート型のあじさい目撃情報

実際に三室戸寺でハート型のあじさいが多数目撃されていますよ〜!

などなど皆さん、ハート形のあじさいを目撃されていますね!

こんな可愛いあじさいを見たときにはテンションが上がっちゃいます。

 

でもいったいハート型のあじさいがある場所はどこなんでしょうか?

Sponsored Link

ハート型のあじさいがある場所は?

三室戸寺に行ったからにはハート形のあじさいを見たいですよね!

ということで、ハート型のあじさいが咲いている場所を調べて見たのですが、残念ながら情報がありません。

 

どういうことかというと、ハート型のあじさいがある場所、それは秘密なんだそうです!!

言われてみれば確かにそうですよね。

苦労して探すことに価値があるんですよね。そしてふと見つけたときの嬉しさも倍増するはずです。

一万株というアジサイの中から探しだすのは少し大変かもしれませんが、それもまた三室戸寺でのあじさい鑑賞鑑賞の楽しみとの一つとなりそうですね。