紫陽花が綺麗なスポット長谷寺についてご紹介させていただきます。

長谷寺といえば鎌倉の長谷寺を想像される方も多いかもしれませんが、今回ご紹介させていただくのは、奈良県の長谷寺です。

これからがベストを迎えるシーズンですが、奈良県で歴史を感じながら紫陽花鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

長谷寺(奈良)の紫陽花って?

長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山のお寺です。

西国33所観音霊場の第八番札所となっているんです。

長谷寺では、一年間を通して綺麗な花が咲き、四季折々の表情を楽しむことができます。そういったことから、昔から別名「花の御寺」とも呼ばれているんです。

春は綺麗な桜やつつじが楽しめます!これからの季節はなんといっても紫陽花がとっても綺麗な時期になってきます。

奈良の長谷寺にななんと20,000株以上の紫陽花が植わっているんです。

広大な敷地の境内の中に咲き乱れる紫陽花梅雨の時期ならではの素敵な雰囲気を演出してくれます。

 

Sponsored Link

長谷寺での紫陽花の見ごろはいつ?

奈良の長谷寺でのあじさいの見頃は例年6月中旬から7月中旬頃までです。

ですが、最近は気象の変化も大きくなってきており、気温の変化や降雨のタイミングが大きく変わってきています。

少しのことで花の開花時期や見頃も変わってきます。

ですので、見頃については長谷寺のホームページでもお知らせしてくれるので、こまめにチェックするといいかもしれませんね。

Sponsored Link

長谷寺の紫陽花の口コミ

長谷寺での紫陽花鑑賞の口コミを少しだけご紹介させていただきます!

などなど、皆さん長谷寺でのあじさい鑑賞を楽しまれているようです。

それぞれの楽しみ方があって、その人の感性によって感じることも様々というのが紫陽花感想のいいところですね。

Sponsored Link

長谷寺(奈良)へのアクセス方法

奈良県の長谷寺へのアクセス方法をご紹介させていただきます。

 

【長谷寺の所在地】
〒633−0112
住所:奈良県桜井市初瀬731−1
TEL:0744-47-7001

車でアクセス

【名古屋方面から】
①名阪国道を針インターで下り、国道369号線を榛原・桜井方面へ向かいます。
②榛原で国道165号線を右折(西進)します。
③初瀬西の信号を右折し門前町へ。

【大阪方面から】
①西名阪自動車道を天理インターで降り、国道169号線を桜井方面へ向かいます。
②桜井市内で国道165号線へ左折(東進)します。
③初瀬西の信号を左折し門前町へ。

長谷寺の駐車場は、二輪が200円、普通車は500円です。

電車でアクセス

【大阪方面から】
近鉄大阪線長谷寺駅を下車、徒歩15分

【名古屋方面から】
近鉄大阪線長谷寺駅を下車、徒歩15分

 

最後に

今回は奈良県にある長谷寺の紫陽花の見頃や時期についてご紹介させて頂きました。

これからが紫陽花が一番綺麗なベストシーズンとなってきますので、ぜひ奈良県で歴史を感じながらの紫陽花鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。