千葉県浦安市で行われる「浦安市納涼花火大会」についてご紹介します。

浦安花火大会は千葉県の花火大会の中でも人気のある大会となっており、来場者数も年々増加してきています。

特に音楽やBGMとともに上がる花火はとても幻想的で華やかで見応えがあります。

今回は浦安花火大会への交通規制や入場規制情報、そして穴場の駐車場情報についてご紹介します。

 

浦安花火大会2017の日程

大会名 ~空に、海に、光り輝く、浦安花火~

開  催  日: 2017年7月29日(土)

打上時間: 午後7時30分~8時30分

打  上  数: 約6,500発

来場者数:約15万人

Sponsored Link

浦安花火大会2017の交通規制はある?

浦安花火大会では、17:00〜21:30頃まで交通規制が入ります。

交通規制はかなり広範囲に規制されます。

規制時間ないは車での立ち入りは一切できませんし、大会終了後もかなりの混雑が予想されます。

引用元:shinurayasu-navi.com
引用元:shinurayasu-navi.com

また、浦安駅は東京ディズニーランドへのアクセスする駅となっていますので、花火大会のお客さんとディズニーからのお客さんでさらに混雑する可能性のあります。

事故などのトラブルを回避するためにも車でのアクセスはなるべく避けた方がいいですね。

Sponsored Link

浦安花火大会で入場規制はされる?

立ち入り禁止区域による入場規制

交通規制もあれば、入場規制もあります。

浦安花火大会での入場規制(立ち入り禁止)区域となるのは、打ち上げ場所となる場所周辺と両サイドの海岸沿いです。

混雑を避けたり、穴場スポッポとなりそうな場所があっても入場規制がかかっている場所への立ち入りは避けましょう!

引用元:shinurayasu-navi.com
引用元:shinurayasu-navi.com

有料席への入場規制

花火の打ち上げ場所の正面の有料席も入場規制となります。

チケットを持っていないと入れない場所となりますので、有料席へはチケットの提示が必須となります。

有料席のチケットは、新浦安駅や観覧会場各入り口でも当日販売があるようですが、いい場所で花火を見たいという方は早めに購入されておいた方がいいかもしれませんね。

 

ベイサイドS席 前売り:2,000円/人 当日販売:2,300円/人
ベイサイドA席 前売り:1,500円/人 当日販売:1,800円/人
ベイサイドB席 前売り:  500円/人 当日販売:500円/人
ベイサイドC席 前売り:  500円/人 当日販売:500円/人
グループエリア 前売り:5,000円/グループ 当日販売:5,500円/グループ

 

有料席であれば確実に場所を確保して花火を楽しむことができるので、少しお金はかかりますがおすすめです。

チケットは一般有料席はプレイガイド・コンビニ店頭にてお買い求めいただけます。

Sponsored Link

浦安花火大会2017の穴場駐車場は?

浦安花火大会では、大会が用意する駐車場はありません

また、かなり広範囲の交通規制も行われますので、もし仮に車で行ったとしても交通規制区域街から歩いて行くことになりますので、会場へは公共交通機関を利用した方が良さそうなのは間違いないと思います。

なので最寄りの浦安駅から徒歩が基本的なアクセス方法となります。

近くにイトーヨーカドーもありそちらの駐車場を使われる方もいらっしゃるようですが、こちらもかなり混雑・渋滞するようですので、あまりオススメできません。

 

 

もし、どうしても車で行く必要がある方は、新浦安駅から2つか3つ手前の駅周辺の駐車場に車を置いて、そこから電車で会場に向かうというのが一番スムーズです。

 

 

以上、今回は浦安花火大会の交通規制や入場規制についてご紹介させていただきました。