フランケンシュタインの恋(フラ恋)2話では、怪物を生み出した博士が登場しました。

怪物がどのようにして誕生したのか、そして博士はなぜ怪物を作り出したのかがいよいよ3話で明らかになっていきます。

2話では、博士役の斎藤工さんに大きな注目が集まっていましたね。

そして、そのルックスがあの人に似ていると話題に!!

 

Sponsored Link

フラ恋3話あらすじ

稲庭工務店に戻ってきた深志研(綾野剛)は、工務店の面々に温かく迎えられる。彼は稲庭(柳楽優弥)の助けを借りて、よく聴いているラジオ番組の1コーナーである天草(新井浩文)の悩み相談に投稿することに。

投稿したメッセージは、“フランケンシュタイン”というラジオネームで「人間を殺すかもしれない怪物は、人間に恋をしてはいけないのでしょうか?」というものだった。

一方、津軽(二階堂ふみ)は祖母の叶枝(木野花)から、叶枝の祖母・キクとその妹・サキの話を聞く。120年前、半透明のキノコに覆われるという原因不明の病気で死んだサキ。彼女は、津軽の通う大学の近くの山で倒れていたという。

その頃はまだ大学ではなく、とある研究所があった。津軽が大学の図書館で120年前の記録を調べると、伝染病の研究所だったことが分かる。
深志研は再び、稲庭工務店の一員として建設現場で働き始める。

ある朝、深志研が寝た後の布団に、ナメコに似た小さな黄色いキノコが生えていた。稲庭は、キノコを大学の研究室に持参し、鶴丸(柄本明)に分析してもらう。

その結果、納豆を食べた深志研が納豆菌の影響を受けた新しい菌を生み出したと見られた。深志研が菌の胞子を撒く現象はなぜ起こるのか、謎は深まるばかり。

そんな中、深志研たちが建築現場へ向かうと、建築中の家の壁に“殺”と落書きされていた。その落書きを見て、激しく動揺する室園(川栄李奈)。彼女の前に、町田という男が現れる。町田は室園に「一緒に帰ろう」と言い出し…。

出典:公式HPより

 

というのが3話のあらすじとなっています。

2話では、怪物を生み出した博士が登場し、その博士が斎藤工さんであったことが大きな話題となっていました。

登場シーンはそれほど長くありませんでしたが、3話では博士が怪物を生み出した過去のストーリーとなります。

3話での斎藤工さんの演技にも大注目です!

 

Sponsored Link

視聴者の声は?

2話での斎藤工さんのサプライズキャストを受けて、みなさんどんな反応だったんでしょうか?

 

などなど、斎藤工さんと知ってとっても驚かれた方が多かったようです。

そして多かったのは、博士が「ファラオ光さんと似ていた」や「ファラオ光さんかと思った」など、芸人の馬鹿よ貴方はのファラオ光さんに似ているという声でした。

 

実際に見ているとたしかにとっても似ているなと思いましたが、こんなに沢山の方がそう思っていたなんて…(笑)

 

ということで、実際にそのビジュアルがどれほど似ていたのかチェックしてみたいと思います!!

 

Sponsored Link

斎藤工とファラオ光を画像で比較!

【博士役の斎藤工】

【芸人ファラオ光】

【博士役の斎藤工】

【芸人ファラオ光】

 

と、たしかにメガネやヒゲ、髪の毛の感じなんかもとっても似ています(笑)。

こうして比べてみると、たしかに似てますね。

視聴者の方の中には、完全に芸人のファラオ光さんだと思っていた方もいらっしゃったほどですので、それだけ似ていたということですよね。

 

 

3話では、怪物が生み出されたストーリーがさらに明らかになります。

ファラオ感たっぷりの斎藤工さんの演技にも大注目です!!

 

★フランケンシュタインの恋に関する記事はこちら

棒人間ストリングスバージョン発売日はいつ?PV動画&感想は?
フラ恋で斎藤工が博士役(怪物の父)!ジャック・スパロウに激似と話題に!