今回は神奈川県逗子市で開催される「第60回逗子海岸花火大会」の穴場スポットについてご紹介したいと思います。

この逗子花火大会は神奈川・逗子のビーチに夏の到来を告げる毎年恒例の行事となっています。

打ち上げ花火の数は約7,000発で来場者数は10万人前後と大きな規模の花火大会です。

 

フィナーレにはミュージックスターマイン「ドリーム花火in逗子海岸」があり、音楽と花火の融合で逗子の夜空を綺麗に飾り、夏の訪れを告げる合図となります。

 

Sponsored Link

逗子花火大会の場所と日程は?

2017年の逗子花火大会の場所と日程をご紹介します!

 

催日:2017年5月26日(金) ★中止の場合は、翌日の5月27日(土)

時 間:19時30分~20時15分

場 所:逗子海岸沖(打ち上げ場所)

地図を見てもわかるように、花火を打ち上げる場所は湾になっているため、鑑賞できるスポットはいくつもありそうですね。

ただ毎年、海岸中央は大変混雑しているようですので、海岸の東側か西側からの観覧がオススメです。

Sponsored Link

逗子花火大会への交通アクセスは?

次に、逗子花火大会へのアクセスについてご紹介します!

【電車】
①JR横須賀線「逗子駅」徒歩10分、②京浜急行「新逗子駅」徒歩10分

【  車  】
逗子海岸花火大会の会場周辺に駐車場は用意されていないので、公共交通機関で行かれた方がいいですね。

 

花火大会の会場への幹線道路の134号線は、普段からも渋滞がひどい道路ですので、車で行って身動きが取れなくなる可能性もありますので、公共交通機関を利用していくのがベストです。

 

Sponsored Link

混雑を避けた穴場スポット

逗子花火大会は海岸エリアからであればどこからでも鑑賞することはできますが、人混みが苦手という方もいらっしゃると思いますので、混雑を避けたスポットもご紹介させていただきます。

 

その①:披露山公園

披露山公園があるのは、少し小高くなった場所にあるので、見晴らしはバツグンです。

逗子駅から鎌倉行のバスが出ており、披露山入口というバス停で降車し、そこから徒歩で約15分です。

位置情報:〒249-0007 神奈川県逗子市新宿5丁目4-1

その②:大崎公園

大崎公園も披露山公園と同じ方角に位置し、同様に小高い場所に位置する穴場スポットとなっています。

位置的には披露山公園と逗子マリーナの中間あたりになります。

位置情報:〒249-0008 神奈川県逗子市小坪4丁目739

その③:逗子マリーナ

逗子マリーナも方角的には披露山公園と大崎公園と同じ方角に位置します。

ここは、公園とは違って雰囲気がとてもいいスポットとなっています。ヨットハーバーですので、潮風を浴びながら花火を鑑賞することができますね!

逗子マリーナまでは、逗子駅からバスが出ているのでぜひ利用してみてくださいね。

位置情報:〒249-0008神奈川県逗子市小坪5−23−9

 

 

以上、今回は逗子花火大会の混雑を避ける穴場スポットについてご紹介しました。