4月スタートのドラマ「小さな巨人」が高視聴率でスタートを切ったようです!

今回はドラマの視聴率と好発進となった理由について調べてみました。

小さな巨人のあらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。
会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。
香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

キャスト

香坂真一郎(長谷川博己)、山田春彦(岡田将生)、小野田義信(香川照之)、片山昭三(神尾佑)、藤倉良一(駿河太郎)、三島祐里(芳根京子)、柳沢肇(手塚とおる)、三笠洋平(春風亭昇太)、杉本学(池田鉄洋)、渡部久志(安田顕)、中村俊哉(流星涼)、東山智之(加治将樹)、石倉慎之介(丸一太)、神岡梢(夏緒)、香坂敦史(木場勝己)、香坂美沙(市川実日子)、中田和正(桂文枝)、中田隆一(加藤晴彦)、五十嵐仁(堀尾正明)、謎の女(佐々木希)

キャストもとっても豪華ですね!

大きな組織の中でうごめく黒い影。なんだかとてもハラハラ、ドキドキする内容でいつのまにかストーリーの中に引き込まれてしまう内容となっています。

Sponsored Link

「小さな巨人」視聴率は?

第1話:13.7%

第2話:   %

第3話:   %

第5話:   %

平均視聴率: %

2話以降の視聴率も放送終了後に追記していきます!

4月スタートのドラマ視聴率は?

4月スタートの主要ドラマも出揃ってきましたが、各ドラマの初回視聴率をまとめてみました。

貴族探偵 :11.8%
CRISIS  :13.9 %
あなそれ : 11.1 %
母になる : 10.6 %
緊急取調室: 17.9%
ひとパー :9.5 %
恋ヘタ  :3.7 %
リバース :10.3%
ボク、運 : 12.0%
小さな巨人: 13.7%

と4月スタートのドラマの中では、「緊急取調室」に次いで高い視聴率となり、順調な滑りだしとなっています。

Sponsored Link

小さな巨人の感想や評価は?

視聴者の方の感想や評価もとってもいいようですね!

小さな巨人はストーリとキャストがバッチリハマっているということも好スタートを切れた理由なのかもしれませんね!

 

Sponsored Link

小さな巨人が高視聴率な理由は?

小さな巨人の感想でとっても多かった声は、「半沢直樹みたい」「半沢直樹に似てる」などなどでした。

特に、香川輝之さんの演技への関心度も高く、香川さんお得意の顔芸?ならぬ顔演技に大きな反響があったようです!

 

と、半沢直樹を彷彿させるような描かれ方と、なんといっても香川輝之さんの圧倒的な存在感と演技力がキラリと光っています。

 

半沢直樹でも香川さんの怪演に多くの反響が集まり、香川さんの演技がドラマの展開に大きな影響を与えたのは言うまでもなりませんよね。

 

半沢直樹と今期スタートの小さな巨人のストーリーに共通しているのは、「大きなもの」VS「小さなもの」ということだと思います。小さなものが大きなものに向かっていくというストーリーは特にハラハラドキドキさせてくれる要素なのかもしれませんね。

 

これからどんどん面白くなってきそうですし、今後も注目していきたいですね!