リバースのあらすじ

)平凡なサラリーマンである深瀬和久は、交際中の越智美穂子に、「勤務先に、こんな手紙が届いた」と、美穂子宛ての手紙を見せられる。そこには、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた。
同様の手紙は、同じゼミ生だった村井隆明、浅見康介、谷原康生にも届けられていた。彼らは全員、亡くなった広沢由樹の死に関わっていた。

広沢は、本来その旅行に参加するはずだった村井を駅にクルマで迎えに行った。その最中、事故死している。広沢は飲酒しており、他のメンバーは止めなかったことを後悔していた。深瀬は、美穂子に問い詰められ、そのことを懺悔してしまう。
深瀬は広沢の死に恨みを持つものがいるのではないか、と広沢の周囲の人物に聴取を行った。結果、美穂子が広沢と交際していたことが判明する。
深瀬は、美穂子になぜ脅迫文のようなものを送りつけたのかを問いただす。すると、「何事も無かったのように暮らしているのが悔しかった。広沢くんのことを思い出させようと思った」と明かした。美穂子は、広沢の死について真相を知らなかったが、結果的に深瀬が明かしてしまったのだった。

だが、事件の真相は飲酒運転などが原因ではなかった。深瀬が淹れたコーヒーが原因だったのだ。深瀬は、コーヒーに砂糖の代わりに、斑丘高原で採れたという蜂蜜を使った。それは、蕎麦の蜂蜜だった。その蜂蜜入りのコーヒーを、眠気覚まし・酔い覚ましに深瀬は広沢に渡していたのだった。広沢は蕎麦アレルギーであり、運転中にアレルギーを起こしてしまい、運転を誤って死亡してしまったのだった。

 

【まもなく放送⛄❄】美穂子(#戸田恵梨香)に届く深瀬(#藤原竜也)への告発文 雪山で起きた悲劇の真相とは「#リバース」<第2話あらすじ> @reverse_tbs 【ほか写真あり】https://t.co/vrDU03ch89 pic.twitter.com/Lu4QEV74dH

— モデルプレス (@modelpress) 2017年4月21日

Sponsored Link

リーバース2話のあらすじ

深瀬和久(藤原竜也)が冴えない日常生活に明るい兆しを感じていた矢先、恋人になったばかりの越智美穂子(戸田恵梨香)の元に、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が届いた。驚きを隠せない深瀬だが、思い出したことはただひとつ、唯一の親友・広沢由樹を失ったあの出来事だった。時は過去へとリバースし、悲しい事件が起きる2007年の冬―。

大学生活の思い出作りとして、ゼミ仲間である浅見康介(玉森裕太)、谷原康生(市原隼人)、広沢由樹(小池徹平)の4名で車でスノボ旅行へと向かった深瀬。宿泊先は、妹の明日香(門脇麦)と共に遅れて参加するという、同じくゼミ仲間の村井隆明(三浦貴大)の別荘だ。夕食の時間、飲酒を拒否する深瀬と広沢の態度にへそを曲げる谷原。責められる深瀬のことを気遣った広沢はビールを手にする。

そんな中、益々吹雪が強まってきたころ、村井から近くの駅まで迎えに来てほしいと連絡が入る。天候によりタクシーも捕まらないという。飲酒をしてしまったため、誰が村井を迎えに行くかの言い合いで険悪な空気が流れる中、気を利かせて手を上げたのは、酒をあまり口にしていなかった広沢だった。深瀬は、何もできない自分を悔やみながらも、広沢を心配し別荘から送り出すのだが…。

 

2話ではいよいよストーリーの核心、広沢の死について少しずつ明かされてきましたね!

アルコールを飲んだ広沢が運転する自動車が崖の下に転落…

事故と思っていましたが、どうやらそうでもない可能性が出てきましたね。

 

Sponsored Link

リバース2話の視聴率

1話(4月14日):10.3%

2話(4月21日):6.3%

平均視聴率:8.5%

と第2話では視聴率が大きく落ち込み平均視聴率も下げてしまう結果となってしまいました。

このまま視聴率の不振が続いてしまうと今後の展開次第で、放送回数の短縮や打ち切りなんて可能性も無きにしもあらずということもあるかもしれません。

今後の視聴率の動きにも注視していきたいと思います。

 

Sponsored Link

リバース3話のあらすじ

10年前の事件について恋人・美穂子(戸田恵梨香)に“秘密”を打ち明けた深瀬(藤原竜也)だったが、そのことがきっかけで2人の間に距離ができてしまった。潤いのある生活が突然覆り、深瀬は心のダメージを隠せない。
そんな中、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)らゼミ仲間の元にも何者かから告発文が届く。あらためて広沢(小池徹平)の事件のことを思い出し、お互いを探りはじめる4人だったが、「昔の話」だと言い、どこか呑気な谷原に不快な思いを抱く深瀬であった。

一方、そんな彼らに接触を続けるジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)は、10年前の事件について“殺人”の可能性を疑っていた。そして「本当に隠していることはない?」と執拗につきまとう小笠原に対し、深瀬はようやく重い口を開きはじめるが…。