4月18日の「ザ世界仰天ニュース」にアメリカの扇風機おばさんと呼ばれる女性が取り上げられるようです。

 

韓国の扇風機おばさん顔面崩壊の理由は何?

扇風機おばさんといえば、以前から世界仰天ニュースで何度も取り上げられている韓国の「ハン・ヘギョン」さん。

ヘギョンさんが顔面崩壊してしまった理由は、美を追求しすぎたこと。

 

美を追求するあまり、気になるところにシリコン注射を打ち続けたんだそうです。回数を重ねても次から次へと気になってくる。

医者からはこれ以上は無理と断られた末、ヘギョンさんがとった行動は、自分で「食用油」を注入したんだそうです。

 

その結果、どんどん顔面が崩壊し、後悔しても後悔しきれない状態になってしまったんです。

言ってみれば、「整形依存症」とも言えるのかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link

アメリカの扇風機おばさん顔面崩壊の理由は何?

アメリカの扇風機おばさんとして紹介されるのは、「キャロル・ブライアン」さんという女性。

キャルさんは、15歳の娘を持つ40代の女性のようです。

若い頃からとっても美人で、自分自身もその容姿には満足していたようですが、30代に差し掛かると、その自身も少しずつ揺らぎ始めたんだそうです。

引用元:files.imishincdn.com
引用元:files.imishincdn.com
引用元:news-sk.com
引用元:news-sk.com

初めは、気になるシワにボトックス注射をする程度にとどめていたようなのですが…

これが悲劇の始まりだったようです。

注射をすれば思った通りの効果が得られ、気になるシワも消えていく。

そんな満足感からどんどんと迷宮へはまっていくこととなってしまったのです。

 

その結果、顔面が崩壊。

取り返しのつかないこととなってしまったそうです。

 

これは手術後のキャロルさんを撮影した動画です。

顔に残った傷が手術の大きさを物語っていますね。

キャロルさんは、手術を繰り返しようやく現在の顔を取り戻されたようですが、「二度とこのような経験が誰の身にも起こらないよう願うばかりです」とコメントしており、自分が進んだ道を大変悔やんだということです。

 

引用元:files.imishincdn.com
引用元:files.imishincdn.com

美を追求することはとってもいいことだと思いますし、いつまでも若くいたいというのは誰しもが共通して持っている感情だと思います。

でも、執着しすぎるといつの間にか自分を見失ってしまうということですね。

 

 

Sponsored Link

フィラー注射ってどんなもの?

フィラー注射の効果は、

・額を丸く大きくできる

・鼻筋を通しながら隆鼻ができる

・顎を前方に尖らせるように増大させる

・上眼瞼の落ちくぼみの矯正

・頬、額、口唇周りの皮膚の張りの増加

などなどがあるようですが、シリコン注射の一種のようです。

 

日本でも、鼻を高くするために打ったことで、失明したというようなケースも発生していたようです。

プチ整形という言葉もメジャーになり、整形はとても身近になったような気はしますが、その裏には危険も潜んでいることを理解しなければいけないということかもしれません。

 

Sponsored Link

まとめ

・韓国とアメリカの扇風機おばさんが顔面崩壊へと向かったきっかけは「強すぎる美への執着」

・アメリカの扇風機おばさんが顔面崩壊したのはフィラー注射

・執着しすぎるといつの間にか自分を見失ってしまう。

・プチ整形は手軽にできるが、危険が潜んでいることも理解しておかなければいけない

と今回は、アメリカの扇風機おばさんについて調べてみました。

 

 

★「ザ!世界仰天ニュース」に関する記事はこちら!

アメリカのモデルケイティ・メイがカイロで急死?美人すぎる画像