2017年4月から放送開始となっている朝の連続テレビ小説「ひよっこ」。

ひよっこでヒロインを務めるのは有村架純さん!ドラマ内では有村架純さんが、方言(茨城弁)が話題になっています。

今回は有村架純さんの演技や演技力についてみていきたいと思います!

 

ひよっこでの有村架純の役どころは?

有村架純さんが演じるのは主人公の谷田部みね子。

物語は東京オリンピックが始まる1964年からスタートします。

高校卒業後のみね子は実家の農業を手伝う予定となっていたのですが、出稼ぎに行った父が突然行方不明に。

茨城県から「集団就職」で上京し、父を探すことになった主人公・谷田部みね子の成長を描いていく。

という役柄です。

有村架純さんのモンペにセーラー服の衣装もとっても可愛くて話題になりました!

テレビで見るといつも綺麗な洋服やドレス姿のことが多いので、とってもギャップがありますが、このギャップが可愛さをアップさせてるんでしょうね!

Sponsored Link

有村架純の方言がかわいい!

有村架純さんの方言がとても話題になっています。主人公のみね子が話すのは茨城弁!

自分と違う地域の方言を喋るって結構難しいですよね。標準語とは違って独特の訛りがあって微妙なイントネーションの違いもあってとっても難しい(笑)

有村さんの出身は兵庫県なのでどちらかといえば関西弁ですよね。

お仕事では標準語で喋っているので、茨城弁をマスターすれば3カ国語?(笑)

一生懸命練習されたであろう方言がとってもかわいいと話題です!

と有村架純さんの方言、大人気です!!

 

Sponsored Link

有村架純の演技はわざとらしくて下手?

有村架純さんの方言とってもかわいいですね!

普段使わないような言葉を使っていると、どこか初々しくて新鮮さがあっていいですよね。

 

有村架純さんの演技がわざとらしいとか下手という評価が出るのは、おそらく方言にあるんだと思います。

方言って独特なイントネーションなので、簡単にマスターすることは簡単なことじゃないですよね。もしかすると地元茨城の方からすると少し物足りなく感じるのかもしれませんね。

 

有村さんは農家の娘を演じるということで、役作りのために撮影の2カ月くらい前から3食お米を食べて5キロ増量したんだそうですよ。

そこまで役作りに一生懸命であれば、方言の練習をおろそかにするはずないと思いますし、その女優魂素晴らしいですね。

 

Sponsored Link

まとめ

・有村架純さんの演技はうまいという声が圧倒的に多い

・普段とのギャップがあって茨城弁の方言もかわいい!

・独特のイントネーションを完全マスターするにはかなりの時間がかかる。

・役柄のために5kg増量するほどの女優魂!

 

などなど、今回は有村架純さんの演技について調べてみました。

今後も有村架純さんの演技に注目していきたいと思います。