テレビやCMそしてzipの朝の顔など、現在大活躍中の川島海荷さん。ですが、一つ気になることが…

それは川島海荷さんの演技力についてのことについてです。

実は演技が「あまり上手くないのでは?」というような声もあるようです。なので今回は川島海荷さんの演技力というところについて調べてみました。

川島海荷さんの演技が下手?

今やCMやテレビで大活躍中の川島海荷さんですが、演技が下手という声があるようです。今やzipの顔としても活躍されていますが、本当に演技が下手なんでしょうか?
川島海荷さんの演技について大きく注目が集まったのは、3月17日の金曜ロードショーで放送された波瑠さんと岡田将生さん主演の「北風と太陽の法廷」

引用元:cdn.narinari.com
引用元:cdn.narinari.com

この作品の中で川島さんは原響子(はらきょうこ)役として出演されていました。この役では、離婚裁判を起こす元ヤンで一児の母、離婚をしたくない妻の役どころという内容でしたが、この演技に対して大きな注目が集まったようで川島海荷さんの演技を巡っていろんな声が出ていました。

などなど、川島海荷さんの演技を巡ってはいろんな声が出ていたようです。

Sponsored Link

川島海荷さんのこれまでの出演作品は?

これだけの声が出てくるとうことは、川島海荷さんドラマや映画での演技が本当に苦手なのでしょうか?これまでに出演された作品を見てみると、

ドラマでは、

2006年:「誰よりもママを愛す」、「役者魂!」
2007年:「医龍-Team Medical Dragon-2」
2008年:「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」、「ブラッディ・マンデイ」
2009年:「キイナ〜不可能犯罪捜査官」、「アイシテル〜海容〜」、「大河ドラマ天地人」
2010年:「遠まわりの雨」、「怪物くん」、「世界の終わりに咲く花」、「99年の愛〜」
2011年:「ヘブンズ・フラワー」、「高校生レストラン」、「華和家の四姉妹」
2012年:「花嫁」、「あっこと僕らが生きた夏」、「パパドル!」、「好好!キョンシーガール」
2013年:「タンクトップファイター」、「ぴんとこな」、「SPEC〜零〜」
2014年:「連続ドラマW 株価暴落」
2016年:「連続ドラマW 荒地の恋」、「朝が来る」、「ハートロス」、「歴史秘話ヒストリア」
2017年:「金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画 北風と太陽の法廷」
映画では、
2007年:「Life 天国で君に逢えたら」
2009年:「携帯彼氏」
2010年:「私の優しくない先輩」
2011年:「星守る犬」、「映画怪物くん」

などなど、ドラマや映画だけでもこれだけ多くの作品に出演されています。また、現在では2016年10月から日本テレビの系情報番組『ZIP!』総合司会を務めるなど、本当に大活躍中です!

 

これだけの本数に出演されていればもうベテランですよね(笑)。確かに「北風と太陽の法廷」ではいろんな声が出ていたようですが、そう言われる理由はその役柄にあったんじゃないかなと個人的に思っています。今回の役柄は「元ヤン」!。この役の喋り口調が結構キツかったり、激しかったり、荒々しかったりとドラマを見ていてもかなり上振れ下振れが激しかったように思います。「川島海荷さんと元ヤン」かなりイメージが違います。

 

きっと川島海荷さん自身、元ヤンに対するイメージもあまりなかったのかもしれません。そういった意味では、今回の経験を積むことで元ヤンの役に対する経験が蓄積されたんじゃないでしょうか(笑)?ドラマや映画の経験も豊富なので、もし次に何かの機会で元ヤンの役がきた時には、きっとバッチリ演じてくれると思いますよ!

Sponsored Link

ZIPでの評判は?

 

などなど、爽やかでかわいい朝の顔として高い評価となっているようです!

今後も川島海荷さんのいろんなシーンでの活躍がとっても期待されます!

Sponsored Link