柴田恭兵さんといえば、「あぶない刑事」!

子供の頃によくおもちゃのピストルを持って「タカ役」と「ユージ役」ごっこをしたのを思い出します(笑)

渋くって、かっこよすぎです!!

 

引用元:http://www.cinematoday.jp/page
引用元:http://www.cinematoday.jp/page

 

 

そんな柴田恭兵さんについて色々と調べていると、こんなキーワードと出会いました。

 

それがこれです。

 

「柴田恭兵 死去」

 

ってワードです。

 

「えっ?柴田恭兵さん生きてるしっ!」と思ったと同時に、

 

なんだかとても気になったので、今回はこの件について調べてみました。

まずは、柴田恭兵の代名詞の「あぶない刑事」のこれまでの変遷について調べてみました。

Sponsored Link

柴田恭兵のあぶない刑事(デカ)ってどんな番組?

あぶない刑事は1986年〜1987年にかけて放送された連続テレビドラマです。

主人公の横浜・港警察署捜査課の刑事コンビ、鷹山敏樹(タカ、舘ひろし)と大下勇次(ユージ、柴田恭兵)が繰り広げる刑事アクションドラマ。

特に見所はタカとユージの掛け合いなどコメディ的な要素もあり、スリルあり、感動ありと本当に見ていて引き込まれるような内容のドラマです。

引用元:http://natalie.mu/eiga/news
引用元:http://natalie.mu/eiga/news

 

1986年:テレビシリーズ第1作となる『あぶない刑事』が放送開始

1986年:劇場映画第1作『あぶない刑事』が公開

1988年:劇場映画第2作『またまたあぶない刑事』が公開

1988年:テレビシリーズ第2作『もっとあぶない刑事』が放送開始

1988年:劇場映画第3作『もっともあぶない刑事』が制作・公開

1996年:劇場映画第4作『あぶない刑事リターンズ』が公開

1998年:『あぶない刑事フォーエヴァー』(前編:『TVスペシャル’98』後編:劇場映画第5作『THE MOVIE』として)公開

2005年:劇場映画第6作『まだまだあぶない刑事』が公開

2016年:劇場映画第7作『さらばあぶない刑事』の製作発表とともに、本作を最後としたシリーズの完結が宣言。

 

いや、こうしてみてみるとほんと歴史って感じですよね。

小さい頃から見ていると、昔見ていたタカとユージとは違った雰囲気になってきていますね。

「あぶない刑事」と言っても勢いだけではなく、深みもある「あぶない刑事」って感じです。

 

Sponsored Link

柴田恭兵の死去の誤報の真相は?

ネット上では柴田恭兵さんの死去というワードが表示されます。

その真相について調べてみました。

 

このワードについて遡って見ていくと、

 

この誤報に関するまず一つ目のポイントとなった出来事は、

2004年12月に、柴田恭兵の息子(次男)が亡くなってしまったのです。息子の死因は、持病である気管支喘息により併発した心臓発作。

柴田恭兵の息子は当時、九州で一人暮らししながら、九州芸術工科大学に通いコンピューター音楽を専攻していたそうです。

 

そして2つ目のポイントなった出来事は、

柴田恭兵さんが2006年の7月に患った肺がんを報じるニュースでした。

この時は幸い初期の肺がんと診断されたようでしたが、7月下旬には右の肺の上葉部を切除する摘出手術を受けています。

原因はヘビースモーカーだったことにあるようですね。

 

というように、この2つの出来事が入り混じり、柴田恭兵さんの死去の誤報につながったのだと思います。

 

すごいのは、柴田恭兵さんはが息子さんを亡くされてから、わずか3ヶ月後には、映画「まだまだあぶない刑事」のクランクインされていたというから驚きです。

 

当の柴田さんは、悲しがるそぶりも見せずに撮影に出られたようです。

ほんと柴田さんの役者魂と悲しみを強さに変える力強さには感服です!

 

柴田恭兵さんの死去を誤報の証拠は、

 

と現在でも元気でパワフルな柴田恭兵さんは健在です!

Sponsored Link

まとめ

昔も今も変わらずにパワフルな柴田恭兵さん。

あぶない刑事シリーズは、「さらばあぶない刑事」で完結しますが、今後もその深みのある演技に注目していきたいですね。

 

あぶない刑事で共演!若き日の舘ひろしさんに関する記事はこちら!

舘ひろしの若い頃のバイクにバンドがかっこいい画像!スーツのブランドは?