いま波に乗りに乗っている横綱稀勢の里。

稀勢の里の今後として、多くの人が関心を寄せるのは、「結婚」というワードだと思います。

そこで今回は、稀勢の里の理想のタイプ、そして将来のおかみさんの候補や結婚に対する想いなどについて調べてみました。

 

稀勢の里のタイプや相手に求める条件は?

何と言っても、自分が相手に求めるものがあるかどうかが何よりも重要ですよね。

そこで、稀勢の里のタイプや結婚する人に求めるものを調べてみました。

後援会関係者の話では、稀勢の里のタイプは芸能人でいうと「仲間由紀恵」さんだそうです

がしかし、

 

おかみさん業をこなせる女性となるとなかなか難しく、「角界関係者から見つけることになるでしょう。」

という意見やお父さんが『自分の目にかなう女性でなければだめだ』と言っていたということを後援会の関係者が語っていたようです。

引用元:asahi.com
引用元:asahi.com

一時期、稀勢の里のとなりに座っている綺麗な人はだれ?

と話題になりましたが、この方実は田子ノ浦親方の奥さんの「琴美さん」

この凜とした姿はとても印象的で、さすが部屋を切り盛りするおかみさんという感じがしますよね。

やはり横綱には、横綱にふさわいい相手が必要となりそうですね。

 

Sponsored Link

 

稀勢の里のおかみさん候補はこの人!

ではでは、今現時点で稀勢の里のおかみさん候補として考えられる人を見ていきましょう。

エントリーNo.1:市川 沙耶

引用元:saya-ichikawa.com
引用元:saya-ichikawa.com
引用元:http://news.goo.ne.jp
引用元:http://news.goo.ne.jp

ファッションモデル、タレント、ニュースキャスターとして活躍中の市川沙耶さん。

なんでも大の相撲ファンで、自分の番組内にも「市川部屋」という相撲専属のコーナーを持っているほど。

また、以前番組内で稀勢の里と共演した際には、目をキラキラさせながらインタビューする姿が話題になっていました。

エントリーNo.2:江藤 愛

引用元:sponici.co.jp
引用元:sponici.co.jp

江頭愛さんは、現在「ひるおび!」などで活躍するTBSの女子アナ。

優勝、そして横綱に昇進する稀勢の里のたくましい姿にどうやらとても惹かれてしまったみたいです。

エントリーNo.3:吉川 友

引用元:sponichi.co.jp
引用元:sponichi.co.jp

そして将来のおかみさん候補として、アピールするのがアイドルの「吉川 友さん(24)」

「今朝おみくじを引いたら大吉だった。17年は絶好調」と笑顔。また大相撲初場所で初優勝し、横綱に昇進した同じ茨城県出身の稀勢の里(30)の活躍に刺激され「私も乗っかっていけたら」と話し「男性のタイプとしては大好きなわがままボディー。まずは私を知っていただいて、嫁入りもプッシュして押し切れたら」と、おかみさんの座にも強い意欲を見せた。 引用元:sponichi.co.jp

Sponsored Link

稀勢の里の結婚に対する考えは?

綺麗な女性からの熱い視線を得ている稀勢の里ですが、本人は結婚に対してどのように考えているのでしょうか?

 

ここが気になるところです!!

 

2016年7月3日の稀勢の里が30歳を迎えた誕生日の際、報道陣から結婚の予定につて聞かれたとき、 「嫁とりについては「まだまだ。当分ないよ」と笑い飛ばしたそうです。

また、有名なのがこの言葉、「不器用なので2つのことは同時に無理」

 

しかし、そんな気持ちとは裏腹に、世のスー女たちは「不器用な感じがむしろ好き。」など、「逆に女性心をくすぐる。」というなんとも波に乗り切っている状態です。

家族の想いは?

さて、結婚においてもう一つ忘れてはいけない重要なことがもうひとつありますよね。

そう!!家族の同意ってやつですね。 両親への挨拶に行く時なんか、すごく緊張しますよね。

そこで、稀勢の里の結婚に対して、家族はどのように思っているのかをみてみたいと思います。

父:貞彦さんのコメント

父貞彦さんは「嫁取り」について「『相撲を取っている間は結婚しない』と宣言している」と明かした。自らの相撲道を貫くには女性は二の次。その意志の表れだった。もっとも、父も「恋愛ですからどう展開するか、こればかりは分かりません。でも、嫁取りは厳しい。私の目を通さないといけませんから。3歩下がって夫の帰りを待つじゃないが、出しゃばらず、ブランド好きでないこと」と、違う角度から後押しした。 引用元:nikkansports.com

母:裕美子さんのコメント

現在、独身。結婚も気になるところだが、母・萩原裕美子さんに聞くとあっけらかんとこう語った。 「まだまだ(笑)」。一歳年上の姉がカマをかけて聞いても、ないみたいですよ」 引用:週刊文春2月号

まとめ

気になる稀勢の里の結婚は今後どういった展開になっていくのでしょうか。

ただ何よりも大切なのは稀勢の里の気持ちです。

稀勢の里の性格からすれば今は相撲道を貫くという部分しか見ていないような気がします。

稀勢の里には思いっきり相撲道を貫いて頂きたいと思います。

そんなどこまでも真っ直ぐな稀勢の里に今後も熱い視線が送られることは間違いなしです。

今後も稀勢の里の活躍に注目です!

Sponsored Link