ワイシャツを脱いだとき、襟汚れが気になることありませんか?

私は汗っかきな方なのでいつも「うわっ、めっちゃ汚れてるやん!」ってなります。

 

洗濯機で洗っても、「汚れ落ちてないし〜」ってなるときってありません(笑)?

「これが仕事で頑張った証だ。」と自分に言い聞かせたこともありましたが、やっぱり綺麗なシャツを気持ちよく着たい!。

そこで今日は、ワイシャツの襟汚れをスッキリ落とす方法についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

襟汚れの原因は?

シャツの襟元の黄ばみや黒ずみの汚れの原因…

それは「皮脂」なんです。

皮脂がシャツに着くと黄ばみになって、その黄ばみにちりやほこりが付着すると黒ずみなるんですね。

この汚れが毎日蓄積していくと、洗濯機ではなかなか落ちない頑固な汚れへと、どんどん進化しちゃいます。

また、夏より冬の方が濃い皮脂が出るので、この時期は汗の量が少なくても襟汚れが出てしまいます。

ワイシャツの襟汚れをスッキリ落とす方法

その2:歯ブラシと石鹸ですっきり落とす

使うのは、「歯ブラシ(使い古しもオッケー)」と「石鹸」「お湯」です。

まず、ワイシャツを40〜45度くらいのお湯に5分〜10分浸けておきます。

次に、汚れの気なる襟の部分に石鹸を塗り付けます。

そして、歯ブラシで汚れの部分をシャカシャカと擦ります。

最後に、シャツを洗濯機に入れて終わりです。

 

たったこれだけです。

使う石鹸はどんな石鹸でも大丈夫です。

もし石鹸がなかったら、食洗用の洗剤やシャンプーなどでも代用できますよ。

また、クレンジングオイルも油を浮かす力が強いので、これでもオッケーです。

歯ブラシで擦るときは、できるだけ優しく擦ってあげる方がいいですね。

あまり強く擦りすぎると繊維が傷ついて、何回もやっている間に生地が薄くなっちゃいますからね。

これだけで汚れは本当にすっきりと落ちちゃいます。

 

私は毎日お風呂に入るとき、その日着たシャツを浴室に持って入ります。

お風呂だとお湯はあるし、周りを気にすることなく思う存分洗えますからね(笑)。

シャワーを浴びながら、ついでにシャツの襟元をシャカシャカしてます(笑)。

そのまま洗濯機に入れて、あとは回すだけ。

お手軽に、時間も無駄にすることがないので、オススメの方法です。

洗うときのポイント

ポイントは「お湯」を使うということです。

油はお湯を使うと溶けるので、汚れも落ちやすくなります。

特に寒い冬なんかは、洗濯機の水が冷たいため、汚れが浮きにくくなります。

襟汚れを落とすときには、まずお湯で汚れを浮かせてから、というのがスッキリきれいに洗うための一番のポイントです。

番外編:襟汚れからシャツを守る!

めんどくさいという方にオススメなのが、「汚れ防止テープ」です。

襟元に貼っておくだけでシャツに汚れが付くのを防ぐという便利グッズです。

最近は100均一などでも良く目にしますので、簡単に手に入ると思います。

また襟だけじゃなく、袖口などにも使えるのでとっても便利です。

さらにはジャケットやコートなんかにも使えるんです。

テープも透明に近い色なので見た目も全然気になりません。

なにより、「毎日洗うのめんどくさい!」っていう方にはかなりありがたいアイテムだと思います。

さいごに

自分で簡単にワイシャツの襟汚れが落とせたらすごく気持ちいいですよね。

しかもクリーニングなんかに持っていく必要もないですし、節約にもなって一石二鳥です(笑)。

シャツを着るとき汚れが綺麗に落ちていると、なんだか気持ちもシャキッとしますよね。

この頑固な襟汚れ、なんとかしたいという方はぜひ一度試してみてください。