今日ご紹介するのは、「スーツを着るときのワンポイントマナー」です。

普段スーツでお仕事されている人であれば、「毎日着ているから着方なんて言われなくても分かってるよ。」という方がほとんどだと思います。

私も就職して以来ずっと仕事はスーツですが、そんな当たり前の中に落とし穴が潜んでいたりするんですよ。

実際、私はその落とし穴にはまってしまった苦い経験がありました。

 

私が新人だった頃、営業先の会社の社長さんから、「ヒラヒラが出てる!」と言われ、そのことに対して激怒されたことがあったんです(笑)。

スーツのヒラヒラ?スーツを着るときのワンポイントマナー

あのヒラヒラって何?

あのヒラヒラの意味、調べてみました。

ジャケットのあのヒラヒラ、「フラップ」というのが正式名称なんです。

で、元々は昔は雨やホコリが入るのを防ぐためにつけられたもので、

雨が降ったときなど、ポケットの中身が台無しにならないよう守ってくれる役割なんです。

それが今のスーツにも名残りとして残っているもなんですね。

ちなみに、

 

フラップのマナーって?

このフラップは普段はあまり気にするものではないですが、

元々は室外ではフラップの部分は出し、屋内に入る場合はしまう。

というのが相手に対するマナーとなっているようです。

最近では、「出すなら出す。しまうならしまう。」(片方だけ出ているなど、だらしなければオッケーとも言われたりしていますが、やっぱりマナーに厳しい方なんかはこの辺を見られている方がいます。

間違ったマナーを取ってしまうと、相手に悪い印象を与えてしまいます。

スーツのポケットが綺麗に整えられていなければ、「礼儀を知らない」とか「だらしない」などの悪い印象を抱かれてしまうかもしれません。

逆にさりげなくできていて、その意味を知っている人が見たときには、

プラスの印象に変えることもできますよね。

社会人だけじゃない!

これってスーツを着る人には共通して言えることなんです。

社会人じゃなくっても、学生さんでも就活の面接に行ったりすることもありますよね。

面接の場合は、そんな細かいところまで評価の対象になることはあまりないと思いますが、

面接官はその会社のお偉い人だったりしますよね。

なので、こういったポイントに気を使っておいてマイナスになることはないと思います。

社会人としてスーツを着こなすためには知っておきたいポイントなんですよ。

さいごに

私にとって苦い経験でしたが、今では自分の成長のためにとってもいい経験になったと思えます。

スーツのヒラヒラのことで私のように怒られることは本当に稀なことかもしれません。

が… マナーの上級者やそういった作法を知っている人は、

「知ってる人は知っている。」

「見ている人は見ている。」

「口に出さずとも心の中では思っている。」ことがあるということですね。

こういったマナーをさりげなくできている人は、自分自身の株を上げることができる人なのかもしれませんね。