花粉症…

花粉症の症状がひどい方には、これから春に向けてとても辛い季節になってきます。
私も以前は全く気にならなかったのに、年々花粉症の症状がひどくなってきているように感じます。

鼻水が止まらない、目がかゆいなどなど、花粉症の症状やひどさは人によって違いますが、花粉症でなければこの辛さはわからないですよね。
なんというか、もう国外逃亡したくなるような気分になるのは私だけでしょうか?
そこで、今日は花粉症に苦しむ方のために、今年の花粉の状況予想について調べてみました。

自分で調べておいてあれなんですが…
私を含めて、花粉症をお持ちの方には悲報となる情報かもしれません。

2017年、花粉が飛び始めるのはいつから?
引用元:http://www.tenki.jp/pollen/expectation.html
引用元:http://www.tenki.jp/pollen/expectation.html

スギ花粉の飛散は1月〜2月の気温と大きく関係しているようです。
現在のところ、2017年のスギ花粉の飛散の開始時期は、一部地域で2月10日頃からと平年並みが予想されています。
桜前線と同じように、スギ花粉前線も気温とともに北上していくといったイメージです。
花粉の飛散開始時期については、今後の気温の推移が大きく影響してきますので、今後の気温の動きに注意が必要ですね。

 

多いの?少ないの? 花粉の飛散量は?
引用元:http://www.tenki.jp/pollen/expectation.html
引用元:http://www.tenki.jp/pollen/expectation.html
引用元:http://www.tenki.jp/pollen/expectation.html
引用元:http://www.tenki.jp/pollen/expectation.html

【例年と比べて】
現時点では平年と比べると地域差はありますが、1.3〜1.5倍とやや多い予想となっています。

【昨年と比べて】
昨年と比べてみると東海地方より西は… 非常に多い地区がほとんどです。
特に西日本では昨年の4倍からそれ以上になるところもあるとの見通しとなっているようです。

 

例年比より昨年比のマップが赤く目立っているのは、昨年の飛散量が少なかったためです。
昨年(2016年)は花粉の少ない裏年にあたり、比較的花粉の飛散も少なかったのですが、残念ながら今年はその逆の表年にあたります。

 

花粉を振りまく雄花は夏が暑くなるほどに量が多くなる傾向であることも分かっており、高気圧の影響が大きい西日本で花粉の飛散量が多くなる傾向にあります。
逆に、関東より北では湿った空気の影響を受けやすいことから、西日本に比べて少ない傾向にあるというわけです。

 

今年は特に西日本にお住いの方には厳しい季節となりそうですね。
花粉症をお持ちの方は今年は要注意です。
まだ大丈夫と安心せずに、今年は早めからの花粉症対策を心がけてくださいね。